2019年01月16日

才能と努力


才能と相対的に語られるのは努力。


才能はないが努力で勝ち得た

才能はあるが努力をしないから結局花開かなかった

才能もあるし努力もするからあんなに素晴らしく



努力は理想からの意欲が引き出すものだから、それだけをピックアップして能力として語るのはあまり得策ではない気がします。

「才能はないが努力で勝ち得た」というのは、器用に短時間で結果に向かえる力は弱いが、とにかく望む理想が高く、それが諦めない根気強さを生み結果をだした、ということだと思う。

「才能はあるが努力をしないから結局花開かなかった」は、他の人より器用に結果を出せる能力をたまたま持っているのに、本人が望む理想がさほどのものではないし、なんなら他のことがやりたいため、そのための努力は義務的苦痛テイストで。

「才能もあるし努力もするからあんなに素晴らしく」は、成果と取り組みを見つめれば明らかにわかるが、望む理想があまりに高いことが、意欲も根気も工夫も知的考察も、そして努力も導きだし……


義務教育までと、それ以降の教育テイストは、現状よりもっと違いがあるべきだと思います。

ある意味本人の理想や意欲よりも、示されたものを身に付けるべく、努力しながら取り組むのが義務教育。それ以降は、まず当人の理想が育つことを最優先、最重要課題としてプログラムされている。

現状では、義務教育を膨らますかたちでしかなく、あまり変わっていないと思います。

そのときの社会が望む人間にもれなくなるべく、基礎教育としてなされるのが義務教育なら、それ以降は横並びではないやり方が骨子にあり、努力や一般的好感度などを学生に見たがるのではなく、その人がどんな理想を描き、それとどのように向き合っているのかこそを、最も望み育てるべきでしょう。


N響定期

posted by take at 10:14| 活動報告

2019年01月15日

才能とは何か


才能とは、その人が望んでいる理想と同義語だと思います。


さいのう【才能】
物事をうまくなしとげるすぐれた能力。技術・学問・芸能などについての素質や能力。


全ての人が崇拝し、欲しがり、その無さに恐怖心や落胆を抱くのが才能。

他人のそれは羨望にうつるし持ち合わせてないのも見えやすいが、実は自分の場合は自覚しにくいものだ。

自分にはどうやら才能があるらしいというのは、得られる結果もだが、他人の評価やかけられる言葉で、実はゆっくり時間をかけて理解していく。

また高いクオリティの成果が出せない、つまり才能が無いらしいというのも、認めたくないという気持ち、自分の未来を信じたい気持ちから自覚しにくく、これまた世の中の評価を目の当たりにしながら、時間をかけて受け入れていくことになる。


他人のはなぜ無いのも見えやすいかというと、その言動や取り組みから、望んでいる理想の質が高くないのでは感じやすいから。

自分にあるのがわかりにくいのは、持っている理想は当たり前のようにわいてきた内容、質であり、他人が望んでいるものと比べたりはしないから。


理想の内容こそが才能の有無と合致、つまり同義語だと考えます。

才能を望み、夢を叶えたいなら、それに相応しい高い質の具体的理想を、心から望めばよいだけ。


「君が描いている理想は、君の今の実力とはかけ離れてはいない。思い描いている演奏理想と今できていることは、ほんの少しの差しかないんだよ」


それをまず強く理解し、心の中こそに変化を求めるべきだ。


N響定期練習、ジパング

posted by take at 21:46| 活動報告

2019年01月14日

目黒を訪ねて散々里


キンミヤの水割りを飲みながらNTTの方々の話を聞いていると、寝過ごしてもひと駅で大抵目が覚める僕の方が特別なのか?と思ってしまう。

思ってしまうくらい、皆さんの東京往復ストーリー、貞子もテレビから出られなくなるようなリング山手線回転物語はダイナミックだ。

中でもNTTが誇るスリーピングビューティーといえば、泣く子も口が開きっぱなしになるY嬢。

Y嬢といえば、自宅のある目黒でどうしても降りられず、振り子のように永遠に揺れ続けたり、客に選んでもらえない寿司皿のように回り続け、終には自らの下車能力の欠落ぶりをあくびからの涙ながらに受け入れ、適当な駅で降りてタクシーで帰るほどのウルトラスリーパー。

今日の新年会でも、コンピューター能力を駆使した乗り換え案内アプリが理解しきれず骨折してしまうような、幻想的すぎるルートを語りはじめたので、周りもつい真剣に聞いてしまった。


スタートは秋葉原。そこで飲んだ彼女は同僚と山手線に。で、有楽町で同僚が降りたところまでは記憶があるとのこと。きちんと目黒方面へと向かっているわけで、安心安全感に包まれ……


気づいたら市川にいたんです


いっ!市川!?な、なんで??


叫んだ全員が、直後から、寝こけきって形を失っている彼女の姿を想像しながら、そのルートを妄想しはじめた。

目黒を越えた彼女が、山手線で引き返すつもりが、どこで総武線に乗ったのか。

代々木か?

いや、新宿だろう。


実は皆と違う妄想の僕は、秘かに心の中で、二つの可能性を描いていた。

ひとつは、新宿は新宿だが、三鷹行きに乗りそれが引き返した。

もうひとつは、実は一回転、なんなら二回転し秋葉原で総武線に乗って千葉方面へ。

素敵すぎる彼女なら、やりかねんのですよ〜〜。

今日は目黒に帰ってくださいね。


N響定期練習、NTTレッスン

posted by take at 18:08| 活動報告

2019年01月13日

万物謝辞


実は元旦から風邪をひいていました。

夜寝に入っても寒気を感じることもあり、ここ数日間、家人が湯タンポを用意してくれています。

これがですね、なんとも有難嬉しくて。朝になってもまだ温かいんですよ。



「年齢を重ねて涙腺がゆるくなった」なんて言う人いますね。僕は涙もろくなったというよりは、凄く感傷的に感じるパターンが増え、度合いが強くなってきています。

ニュースやドラマを観ても、不憫さにこころが傷んだり、応援したり、思い抱いたり。基本自分以外の人の状況に対してですね。

まあ、感謝したり思いやったり、決して悪くないとは思います。思いますが、今朝はさすがに

大丈夫か?俺

シンクに流した湯タンポのお湯に向かって


一晩お疲れ様。ありがとう、凄く温かかったよ


ジャバーッ!!


ピアノ合わせ、レッスン、ブロカート

posted by take at 17:48| 活動報告

2019年01月12日

巨大


ルーベンスの絵は基本大きいサイズだった。

そして、宗教的題材、世界観含め、やはり巨大なものを感じ続けたことも、疲労感に繋がった気がする。 ただ、美術館を後にし感じたのは


観ることができてよかった


だった。非日常を感じまくったのと同時に、未来の自分の糧になるべく学びが多かった気がしたのだ。



大きいもの、巨大なものを知り、ある意味それを目指すことの重要性を感じたこともそのひとつ。

それは物質的大きさだけではなく、観念的だったり時間的だったり。

ヨーロッパで初めて教会の巨大空間に身をおいた瞬間の、あの身体の中に沸き上がる驚き、感動、憧れ。地上であれ海の世界であれ、感じる大自然や、巨大な生物、現象。自分の価値観を遥かに超えた人の愛、判断、言葉まで。

箱庭的日常を送る私たちにとって、大きいものと出会い、知り、そこに憧れをもち、我が表現の中に求めていくことは、本当に重要だと思う。


演奏ならつい音量とだけ思ってしまうが、響きだったり、世界観、スケールとも言うその言葉で説明しにくい大きさこそ求めていたい。

その大きさにリミット限界点を無意識のうちに持っており、細やか好きでまとまり好きな日本人よろしく、なんだかコンパクトな中で収まってしまっているとしたら、それは魅力の限界点と比例する。


でかけりゃいいっちゅうもんじゃない…………いや、なにかがとても巨大でなくては…………


聖徳吹奏楽本番

posted by take at 11:52| 活動報告