2017年11月21日

楽譜を読む


大丈夫でした。 (T_T) ←これは嬉し涙です。

実は気づいてなかったのですが、F管がうっすら凹んでました。そこがダメージを吸収してくれたよう。

「吉川さん、大丈夫だから。全部数値計ったけど問題なし」

ありがと〜〜う、飯塚。

あとは練習して自分のものにするだけです。以後気をつけます。



昨日のソロ・リサイタルズ(おさらい会から改名)の反省会にて、ピアニストの方が楽聖に投げてくれた言葉で心に残ったものがあった。

「みんな、もっと楽譜を読んで。もっともっと読まないと」

ピアニストは、実は練習できない環境では(そもそもピアノが無かったり)本当にできなかったりするだろうから、楽譜と対峙し音符の行間を読むことも多いのだろう。

その点、自分でスペースさえ探せば音が出せてしまうわれわれは、ついつい楽器で練習することばかりをしがちだ。

譜読みも終わり全体像がぼやっと理解した後も、譜面を読みながら更なる理解を探し、自分こその音楽を妄想することせずに

「とにかくさらってしまう」

ということをしがちだ。音は並んでいっても、構成や世界観から浮かび上がる魅力に満ちた音楽にならないまま完成させてしまうことも多い。

音楽とは音の羅列ではなく「作品」なので、作品としての主義主張、存在理由、意味を持つ出来上がりというものは純然とある。


バレンボイムがベルリンに作ろうとしている音大では、もれなく指揮に携わることが求められるようになると聞いたことがある。

スコアを読むことで、全体の構成を感じるようになる。流れや起伏、物語の作り方を知って楽器の演奏に携わるためには、指揮をやらなければならないとの判断だろう。

実は、僕自身指揮をしながらわかったことは多いので、少なからず理解できることだ。


楽器は、うまくなることは大事だが、それは音楽を存在させるためのツールでしかない。

「楽譜を読みなさい」は、とても大切な投げ掛けとして、改めて重要視したいと思った。

もっともっと読んで、もっともっとさらってを、もっともっと繰り返してだろう。


ジパング

posted by take at 17:17| 活動報告

2017年11月20日

スタンディング号泣


初めて衝動買いした楽器。今まで吹いてきた中で一番印象の良いという気持ちに初めてなった楽器。

……生まれて初めて倒してしまいました、スタンドごと。(59 (T◎T))まだ一週間経ってないのに。


レッスン室に入ってきた生徒が両手に荷物だったので、扉を開けてあげようとして肘で 「コンッ!」(五九 (TΔT))


スタンドがね、もうボロボロで、ねじ山バカからのビニテでグルグル巻きにしていたので高さが変えられない状態だったんだけど、それがとても高く設定されてて。立てると3ポジ近くまでスライドが伸びてしまう。しかも足はあまり広げずに立ててあった。

高くなればなるほど、軽い力で倒れる可能性が上がる上に、足元不安定設定。気にはなってたが、今までなんとか事故にならなかったので改善しなかった。


スタンドはやはり、足を広く広げ、立てた時ほんの少しだけスライドが伸びる位置にセッティングすべきですね。高過ぎてはだめだし、ベルが浮いてしまうくらい低いのももちろんだめ。

N響の場合ステマネと相談し、丁度良い高さの部分にマーキングしてありそこで立ててくれるので、我々が楽器を入れてから高さを変えることはほとんどありません。


見た目はダメージなく見えます。スライドは無事、ロータリーも大丈夫、吹いた感じも……ただ、強いショックからどこかにストレスがかかってしまっている可能性もあるので、主治医に見てもらうことにしました。

組み直しになると響き変わるしなあ。無事なことを祈るばかり。


とにかく、倒したのが生徒ではなく自分で良かったです。

皆さんもスタンド、正しくセットしてくださいね。


川越へ

posted by take at 13:41| 活動報告

2017年11月19日

ダはシを兼ねる


『ダブルタンギングはシングルタンギングを兼ねる』



トレーニングの話です。シングルはダブルを兼ねるわけではない (@ ̄□ ̄@;)


レッスン、NTT

posted by take at 17:33| 活動報告

2017年11月18日

健康への仕事


黒柳徹子さんが久米宏さんにしたアドバイス


「健康の秘訣は嫌な仕事をしないこと」


そうですね。かなり納得です。

嫌なことを依頼されたら断りましょうとか、嫌な人とは距離をおいて仕事をしましょうとか、様々な取り方ができる。「そんなことできるわけないだろ!」という声が聞こえてきそうですが。

ただ一番大事だなと思うのは


「自分で自分の仕事を楽しいものにする」


ということだと思う。

たとえ凄く限られた幅であっても、楽しく転換できる要素はどんな仕事にもあるのだと思います。

「溜まったストレスを愚痴って発散」もひとつのやり方だが、仕事の時間も純然たる自分の人生の時間、つまり


「仕事も自分のもの」


なので、自分流に改造できるといい。


自分のアイデアに
自分のペースに
自負のテイストに
自分の身体の喜びに

できれば、それが一番健康に繋がるのでしょう。


仕事にはお金という対価もあるが、やり甲斐や達成感こそが魅力としてあるのだから、それこそを自分のものにして、元気に生きていきたい。


川越へ、N響定期、ジパング

posted by take at 17:37| 活動報告

2017年11月17日

伸びしろ


バイオリンの名器といえば、泣く子も気持ちよくなるストラディバリウスだが、実は演奏するのはそれなりに難しいらしい。技術の低い人には、全く扱えない代物だと聞いた。

「僕らでも大変だったりするんだよ」

これはN響ベテラン奏者の弁。

つまり、最初から弾きやすいわけではなく、名手が時間と共に自分のものにしていくのだろうし、その演奏家もストラディによって成長していくのだろう。


比較的最近出たバストロの新モデル。現場で活躍する多くのプレイヤーが購入し、そしてかなりの割合の人が既に手放していると聞いた。

たくさんの入手欲を生んだのだから、新しい感性に訴える力の強い魅力あるモデルなのだろう。

僕は吹いていないのでいい加減なことは言えないが、想像するにとてもいい音がして吹きやすいのだと思う。

しかしかなりの人が、高額な楽器を直ぐに吹かなくなった。

おそらく、ストラディバリウスを持った人が感じるような

「こいつと共に自分こそが変わっていったなら、もっともっといい音が出て、表現もより説得力のあることができるようになるだろう」

という伸びしろが少なかったか、はたまたあまりにある形に完成されていて、やはり自分が共に変化する部分が、早い段階で感じられなくなったのでは。


研ぎ澄まされ過ぎたもの、純米大大大吟醸の中のウルトラ大吟醸みたいなものは、やはり趣味をわける気がします。

それは私たちが本能的に欲求する、伸びしろという未発達な部分の魅力、その有無と量ではないだろうか。


N響定期

posted by take at 21:19| 活動報告