2019年01月02日

プラスとマイナス


人生にはプラスとマイナスの両方があります。



良いことが訪れる、悪いことが訪れる

良い結果が出せる、良くない結果になる

希望が叶う、叶わない

善行が出来る、悪行をしてしまう

周りを幸せにできた、周りを不幸にした

体調がいい、病気怪我

恋が実った、ド失恋

楽しかった、つまらなかった

美味しかった、不味かった

よく笑った、とにかく不機嫌になった

褒めたくなった、けなしたくなった

愛したくなった、嫌いになっていった

尊敬された、軽蔑された

なんとまぁいい音がでた、さほどでもないどころか残念な音が

感動を呼び寄せる結果に、同情される結果に

雄々しく美しくカッコヨク、残念でありみっともなく不安にさせ



プラスばっかりでマイナスがまるで無い人はいないだろう。マイナスばかりで良いことが一個も無かった人もいないはずだ。


僕は永らく、人生の時間に訪れるプラスとマイナスは、実は別なものだと感じていました。

しかし、訪れる結果に対して、この二つは全て「ひとつのこと」として存在しているのだと感じるようになりました。


良いことは悪いことがあったから訪れる

悪いことは良いことばかりか続かないから訪れる


「♪涙の数だけ強くなれるよ♪」と岡本さんも歌っていましたが、マイナスがあったからプラスがやってくる。そのプラスにあぐらをかくとマイナスがやってくる。


だから、マイナスが訪れるとそりゃ凹むけど、それをプラスに転じるエネルギーが注入できるタイミングが来たと思うこと、つまり


マイナスの利用の仕方


が大事だと思います。

有り難くもプラスが続くと、人は調子に乗り、不遜になり、怠け始め、そしてちゃあんとマイナスを誘発するので、つまりは、


プラスとの付き合い方


もこれまた重要。

どんなに安定した時間を過ごしている人にも、必ずプラスとマイナスは訪れている。上手く利用できていればプラスがマイナスを覆い隠すような感覚で生きられるし、利用できなかったり、たまにくるプラスとうまく付き合えないと、マイナス気味なテイストで生きていくことになる。


プラスをどう感じるか、マイナスをどう感じるか

それを理解しながら、プラスとマイナスが一体物に見えている。分けないほうが良いと思うのです。


正月

posted by take at 19:31| 活動報告

2019年01月01日

猫餅

FullSizeR~0001.jpgIMG_9847.jpg



新年明けましておめでとうございます。本年のココもよろしくお願い致します。m(__)m


友人であだ名がネコ。なぜなら、アマチュアオーボエ奏者の彼が以前クラリネットを吹いていた頃、ピーターと狼をやり、ネコを演じるパートを担当したから。決して気まぐれで、近寄ると逃げ、怒るとシャーッ!と鳴くわけではない。


そんな彼の家族、自宅で毎年餅をつくそうで、クリスマスイブにつきたてをいただくという、素晴らしい機会に恵まれた。

で、元旦にようやく雑煮として登場。これがなんとまあ


めちゃくちゃうまいやないかい!!!!!


ついてから一週間は経ったが、市販の餅と全然味が違う。いやあ、手作りって本当素晴らしいのね。


テレビを観てると、有吉の正直散歩で、鶯谷の餅料理屋を訪ねている。

大将が毎朝その店で搗いたものを、あれやこれやしょっぱい甘いで食べられるそうだが、見るからにチョーうまそうで、実際有吉はじめ出演者も絶賛。ありゃ本当感想、リップなんちゃらじゃないね。


餅の世界を少し甘くみていたよう。素晴らしい旨さ。これからブームくるかも。

猫、ありがとニャァ〜〜〜


元旦

posted by take at 18:43| 活動報告

2018年12月31日

笑鬼的大晦日


世の同世代に送るぜ。


「若い頃も思ってはいたが、でも年々更に、音楽っていいなあって思うよな」


今年もいろいろあったからそう思うんだろうけど、来年も益々そう思う気がするわぁ。

まあ、こないだ正月やったしそんな先の話鬼が笑……あ、明日や!!(*゜Q゜*)


ベートーベン全曲演奏会
今年一年もご愛読(?)ありがとうございました。明日からもよろしくお願い致しますぅ。m(__)m

posted by take at 09:42| 活動報告

2018年12月30日

出来る出来ないは自分の心が決める


年の瀬に聞けたイチローの言葉



自分が出来ると思ったことが必ず出来るとは限らない

だけど自分が出来ないと思ってしまったら絶対にできない

自分なりに頑張っていたら何か光が見えるということを知ってほしい



イチローらしい的確、かつ彼が放つと強い説得力を感じる価値観。違う言葉にすると



自分が思いえがいた夢がが必ず叶うとは限らない

だけど自分が無理だ、叶わないと思ってしまったら絶対にそんな未来にはならない

自分なりに頑張っていたら何か光が見えるということを知ってほしい



「夢は必ず叶う」という価値観の是非はよく議論になるし、そのことから「努力は必ず実を結ぶ」に関しても、ネガティブな考え方もまことしやかに語られたりする。


しかし、このイチローの言葉には一点の曇りもない。


なぜなら、本人にも周りにも誰にもわかりようのない自分の未来の状況に対し、必ず持ち合わせてなくてはならないメンタル、陥ってはならないことをシンプルに示すことで、数々の成果を手にしたがゆえに確信を得たこの偉大なアスリートの、若者に対するエールと、実は彼のこれからの夢こそを語っているのだから。


本当は全ての人が、自分の資質にマッチしたことに取り組めたら、住み分け含め皆幸せになれるという、それこそ夢が浮かぶ。

だが人の運命は必ずしもそうではないし、能力や成果に差があるからこそ、皆更に幸せへと取り組んでいったりする現実もある。


どんなに時代が移り変わっても変わらない現実。

そこに評価や競争があるとして、自分の力を卑下しないことこそ未来の幸せに不可欠だということを、今年のうちに感じられたのは素晴らしい収穫になった。


ベートーベン全曲演奏会練習

posted by take at 09:07| 活動報告

2018年12月29日

移動は寝て待て

IMG_9835.jpg


かつて、早朝の上野東京ラインに乗った際


「おやすみのお客様もいらっしゃいますので、大声での会話はご遠慮ください」


とのアナウンスがあり、目が覚めるほど驚いたことがある。寝台車じゃないすよ、普通の在来線。

てか、寝てる前提というのは諸外国では考えられず、とっくにカバンも財布もトロンボーンも、無くなっているだろう。

まあ、結構寝ちゃってるジャパンライフなので、それだけ平和っちゃあ平和なのですが。


今京急の車内吊りに、京急バスの運転手募集があるのですが


『寝ている人の数が、運転の上達を教えてくれる』


ときた。

運転技術を上げてどんどん寝てもらおうということらしい。


なんだか、平和なんだか凄いんだか不思議な感覚になるのは、僕だけ?………お休みなさい(-_-)zzz


全国高等学校オーケストラフェスタ

posted by take at 16:11| 活動報告