2019年05月25日

リスペクトと単純に魅力


ここ数年、トロンボーンフェスティバルにおける作曲コンクール「ピース・オブ・ザ・イヤー」の審査をしています。

年々、作曲家と作品の位置関係も少なからず理解できていっているのですが……

未来に残る、再演され続ける作品を生むために必要なことが見えてきつつある気がしています。


ミュージックトゥモローをやっていても感じるのですが、現代の作曲家の産物は、そのほとんどが絶対音楽ではなく、何かしらを描写したものが大半。

モーツァルトやベートーベンのほとんど、シベリウスの交響曲のように具体的タイトルは無い音楽とは違い、風景や物質、現象や心情等、何かしらはっきりとしたものを描写している。


つまり私たちが知る何かしらを音楽にしたものが大半なのだが、その選んだものに対する思い、リスペクトなのか愛情なのか、はたまたどうしても表現したい程重要視しているものなのかがあまり感じられない。

被写体(あえてこの言葉でひとくくりにします)に対する強い思いがあるというよりは、音楽にしたら面白いのでは?となんとなく選び、それがよりきちんと表現できている、技法を駆使してリアルに音楽化していることに目的意識がある気がします。


実は、その選び方と目的では、説得力のあるものにはならないと思う。


ホキ美術館で写実絵画を見始めたとき、説明されている意味合いに深く頷いたことがある。

画家たちは、ただ単に写真そっくりに描くことを目的としているのではなく、被写体に対するリスペクトを柱に生み出すのだということ。

それ故に写真そっくりであってもはっきりと画家たちの個性が感じられるし、あまりに素晴らしい表現が、観る人の心を揺さぶることになる。つまり作品として美しさや迫力、精神性等の表現が、写実的再現テイストであっても、魅力的だということ。


そうなると現代の音楽も、被写体に対する強い思いと、音楽として聞いていてシンプルに魅力を放ち、その美しさや迫力、かっこよさに、心を揺さぶってくれる魅力を描いてくれないと、人間たちは高い価値評価から後世に残そうとはしないとなる。


音楽は人間だけのものであり、ただ私たち人間の快楽のためだけにある。

さほどの思いもない題材を、音楽化することだけをされても、その技法やセンスを自慢されても、響かないものは響かない。


リヒャルトシュトラウスの「アルプス交響曲」

アルプスの山は、登ったことの無い人間でも、その雄大さ、危なさ、ドラマとも言える多彩さ、自然との共存、そして御来光の素晴らしさが物凄く非日常的に価値があるのがわかる。シュトラウスの憧れははっきりとわかるのだ。

そして何より、音楽としての彼の産物は単純に魅力に溢れている。


だから人々は、ずっと演奏し続ける。


N響練習、レッスン
高嶋圭子さんから選ばれるものは、彼女の強い趣向と使命感に指名されている。音たちが魅力的なのは言わずもがな。

posted by take at 17:33| 活動報告

2019年05月24日

より音楽的に


オーケストラによる現代音楽、「ミュージックトゥモロー」でも取り上げる作品の多くに、スタッカートのついた16分音符をFやFF、ときにはアクセントもついてFFFで書いてある場合がある。

ほとんどがユニゾンやきれいな和音ではなく、ぶつけられた音程による効果音のようなもの。凄く低い音域で、聞き取れるのか?というものもある。


大抵の指揮者は、「鋭く、短く、大きく」と要求してくるしタクトもそう振ってくる。オーケストラ全体が大きく鳴っていると、私たちもそれを超えようと余計にパワープレーになる。

ただ、いつも思うのが「これだと、どの音程のものも同じだなあ」と。


効果音であっても音程は書いてあり、ぶつけられた和音からは、もがいているような苦しみや迫りくる恐怖のような世界観がある。しかも音毎に音程が変わっている以上、流れの中での場面設定もあるはす。

どれも同じ感じ、打楽器的効果音のようになってしまうと、本当の音楽的表現までたどり着かない気がします。


少しダイナミクスを落とし、スタッカーティッシモと言われてもダッ!と止める語尾ではなく、ほんの少し、本当に少しだけダン!と短い響きが残るように、和音を出した方が、全体の物語性が生まれる、その方が迫力もあるのではと。

それでいて鋭さやショックをきちんとやりきる。


表現というのは、何年やっても本当に奥深く難しいものですね。


N-crafts練習

posted by take at 12:05| 活動報告

2019年05月23日

取り柄


今観ているドラマの登場人物。

高校生の彼はとにかくアホちゃん。

学内250人中250位をキープ。勉強ができないだけでなく、あらゆることの理解力があまりに低く、そのありえないとんちんかんオンパレードに、笑うしかないし、よくもここまでと呆れ返る。

性格は純粋で良く、実は努力もしているが結果に繋がらないタイプではあるのですが。


そんな彼が、ドラマの撮影を見学する機会が。演技がうまくできない同世代の俳優に代わり、急遽出演することに。

なんとあらゆることにアホちゃんな彼は、ドラマの台本は一回読めば頭に入り、しかも演技は上手いときた。勉強はできないが、俳優としてやれていくんだろうなあ感がプンプンしながら、ドラマは進んでいます。


「誰にも必ず、何かしらの取り柄があるんだよね」


僕がこの話をある人にしたら、「いやあ、あり得ないでしょ」と。

能力が長けていて成功する人は、他のことも上手くいくような思考回路をもっているはず、というのが彼の持論だが、僕は必ずしもそうは思わない。


例えば、とある世界で優れた力を発揮し成功している人は、自分に向いてなかろう他の分野や、実は大半かもしれないあらゆる業種には手を出してないのだと思う。

違う言い方をすれば、運よく自分の取り柄にそれなりのタイミングで出会い、それだけをやってこられた。

このドラマの青年のように、極めて不器用な脳みその中に、台本暗記からの演技への実行というラインは、見事に繋がっており、なんなら他の大多数より素晴らしいということはあり得ると思うのです。


取り柄は、ポテンシャルが高く限られてとか、低く沢山という人もいるかもしれないが、必ず誰しにもあるのだと信じている。


なんとかして、出会い自覚し、そしてそれを使って生きることに夢中になってほしい。


レッスン、N響定期

posted by take at 11:48| 活動報告

2019年05月22日

世界の繊細


私たち日本人は、心のどこかで「西洋人より繊細でデリケートだ」と思っていますよね。

しかし、こと楽器の練習方法、表現は逆かもしれないと思った。

日本人ががさつとは表現しにくいが、しかしとにかくガンガン鳴らす、吹き込んででかく鳴らせることは大事、大が小を兼ねると思っている節はある。西洋人は必ずしもそうではないのではと。



僕は最近クァイエットプラクティス、カルムプラクティスを実践しているが、そうすればするほど、長きに渡りとにかくパワープレーの方へベクトルが向いてきていたことを強く自覚します。

ヨーロッパやアメリカの演奏家の演奏から聞こえてくる大きな響きと世界観が、繊細な取り組みからなされていると気づいてくると、最初に書いたような価値観を感じてしまうのです、


これは、私たちの楽器のスタート、その大半が合奏の環境であり、おっきな空間でみんなで音を出すことと共に始まったことが、潜在意識に影響しているのだと思います。

家にて、父親や近所のおじさんからの手ほどきで始まった、町の音楽学校の個人レッスンから始まったのだとしたら。ある程度できるようになってから、町の小編成合奏やアンサンブルに参加したのだとしたら。そして数ヶ月で大ホールで演奏するコンクールにでなければならないのではなかったとしたら……


全ては仮定の話しだし、日本の環境を否定的に見るのは意味がないので控えるが、静かで穏やかな音のトレーニングからは、足元含めいろんなことを考えさせられるのです。


N響定期

posted by take at 17:55| 活動報告

2019年05月21日

完璧な男


今DVDで観ているドラマに、素晴らしい男性が出てくる。

大家族のホームドラマ。嫁姑の関係を軸に、家族のしきたりやあらゆる人たちの恋愛、トラブルを描く楽しいもの。

主人公は嫁。その旦那が一点の曇りなき素晴らしい人物。妻のみならず周りの人に対する対応が


「もうそれこそが完璧でしょう!」


と思わされる見事さ。

あまりにユニークで楽しい設定含め、脚本の素晴らしさを感じたので調べてみると、ヒットをいくつも飛ばす有能な女性脚本家が「こういう人と結婚したい」と思う像を徹底的に描いたようだ。


しばらく観ていて、ある瞬間気づく。

どんな状況に出くわしても、瞬間に最良の選択ができている。正解とも言える言動が、本能で自然にできているということだなあ。

その場しのぎじゃない、奥さんはじめどんな女性にも、あらゆる立場年齢の男性に対しても理想的な対応。その判断力は客観的に見ても、後の周りの状況を見ても完璧なことがわかる。


なんて羨ましいんでしょう。


そら産み出してる女性脚本家が、女性に対してだけでなく全体に対して完璧な理想をやらせるわけだから、つじつまの合い具合含め社会人として、大人として、人として文句なし。


そっかあー、女性はこれかー


「無茶言うなー、こんなん見せるなよ!!!!無理に決まってんじゃん!!!!」

世の男性たちの叫び声が聞こえてきます。


しかしあるものです、完璧な対応。脚本は、やはり幼少の頃の不幸からの苦労故の人柄と描いている。

苦労はかってでもしろ!にしても見事。


やれるとは言わないが勉強んなります……やれるとは口が咲けても言えません。(おめでたい口の意)


N響定期練習

posted by take at 22:09| 活動報告