2018年05月04日

おしながき

2018050412280000.jpg

軽井沢へ向かう新幹線の中で、『老舗の味〈東京弁当〉』なるものを楽しむ。

最近のいい弁当には、おしながきが入ってるんですよね。この東京弁当には他に、古い東京駅舎のイラストの絵はがきと、「こだわりのお米 有機認証米」の証明書まで入ってる。サービス満点ですね。


で、おかずのラインナップが丁寧に書かれたおしながきですが、いつも食べる前にざっと眺めたり、食べ終わって眺めたり。より興味があるときは、いくつかだけ、つまんだおかずがどれか探して読んでみたりするのですが、いつもなんかもったいない気がしてたんです。

せっかく丁寧に説明してくれてるおしながきを、読みきらないまま食べちゃって終了してんな、利用しきれてないな、用意してくれてんのに食い散らかして申し訳ないな、みたいな。


この感覚、ヘンでしょうか?


でですね、このちょっとした残念感を払拭する、い〜い食べ方を思いついたわけなんです。

今日の東京弁当、こんな感じでした。


〜おしながき〜
(右から順番に)

今半の牛肉たけのこ
魚久のキングサーモン粕漬け
青木の玉子焼
日本橋大増の野菜のうま煮〈里芋、こんにゃく、化粧人参、筍合せ、金平牛蒡、末広南瓜、はす、化粧牛蒡、絹さや〉
きのこの和え物菊花添え
蓮根のはさみ揚げ
和菓子
ご飯
かりかり梅
しば漬け


これをですね、デザートの和菓子は除いて、右から順番に一口づつ食べていったわけです、ご飯を挟みながら。するとおしながきの方からいちいち探す手間は無いし、チェックしそびれもない。

そして一巡食べて、きちんとおしながきの情報も網羅しきったら、残りは好きなように勝手に食べる。最後はデザートみたいな。


どうです。素晴らしいアイデアだと思いません?

え?!そもそもそこが残念じゃない?

ヘンなのかなー。

僕みたいな人、いませんかー????


N響軽井沢公演

posted by take at 19:07| 活動報告

2018年05月03日

AIと生演奏家


今人間がやっている仕事の何割かは、いずれAIがやるようになる。つまりとって変わられるということは、まことしやかに語られています。

冗談ではなく、近い将来、本当にそうなるのだと思います。今から就職する人は、そういう観点でも仕事の内容を見つめないと、へたすりゃ10年も働けないかもしれません。


失業率が上がることは、人間社会における最も大きな問題であり、最悪のことだと思います。格差が広がり、犯罪者が増え、やがて戦争に繋がるから。


今人間がしている仕事をAIがやるようになる。クォリティ高く、安全であり、安価に幅広く提供できるなら、それでも「人間がやった方がよい」とは、どう抵抗してもならないだろう。それがまた人間の選ぶこと。

そしていずれ、人間が本当に働かなくても生きていける世界になるのか。

「働かざる者、食うべからずべからず」

いや、全ての人がそうなるとすれば、それはまだまだかなり先の話だろう。

そもそも働くことを放棄するかどうかはわからないし、その頃は今では考えられないような内容の仕事を生み出していたり、働くことを失っても満たされるような生き甲斐、成長と成果が感じられることを、人間は手にしているかもしれない。


夢のような話はまるで想像もつかないので、現実的に。

いずれ、AIのみがやる仕事、人間とAIがバランスをとりながらやる仕事、AIも関与はするがほぼほぼ人間がやる仕事と、はっきりとすみわけができるのではないかと思います。

そんな時、演奏という仕事は、AIが介入する余地が極めて少ない、やはり人間にしかできないものものの代表になっているのだと思います。

現在の演奏業は、数少ない選ばれた人しか対価が得られない、いわゆる狭き門になっているが、「人間にしかできない職業」こそが人気になり、やりたがる人が更に増え、「AIらしくないこと」として、身近で生の演奏こそを欲する社会になれば


『生演奏家』


の需要、供給こそが増えるかもしれない。

「一億総演奏したがり時代」がくれば、音楽大学は人気極まりない場所になっている可能性も。その頃は一億はきっているだろうが。


音楽は、人間が快楽のために作り出しているもの。しかもこれは、何かの代わりに失うことなどできないほど、血となり肉となり遺伝子となり人間を洗脳している。

聞くだけでは物足りなく、やりたいという人で溢れたとしたら、やはりいろんなタイプの人がクオリティ高く、自由に楽器を操れるようになるシステムこそを、作り上げる必要性を感じてしまう。

それが僕の残りの人生に課せられているとすら思います。


残りはハートと人間性の問題、それが演奏の個性、という世界


そんな人類総演奏家、いずれAIと共存しながら心も満たされる時代がくる気がしてなりません。


N響上野公演

posted by take at 12:43| 活動報告

2018年05月02日

物質のように見つめない


演奏は、聞き手へ向かって流し込んでいかなければならない。

「どこへ」が場所とすれば聞き手の心へ向けてだが、大事なのは、かの人が所有している未来の時間へ向かって、常に流し込んでいくこと。


楽譜は左上からから右下へと視界の位置をなぞっているので、一曲がまるで「ひとつの物質」のように存在しているが、演奏という本来の価値ある姿には、目の前に登場するような“形”は存在しない。

だから、一曲を物質のように固めて見つめてはならない。

あくまで、瞬間の羅列が存在するだけ。

いずれにせよ、印象は残れど、それ以外の物も事も、形も存在も何も残らない。


思いを息にのせて流し込み続けなければならないわけで、途中で止まってしまうような時間を作ってはならない。

一曲の演奏をひとつの形ある物質のように感じ、それを演出しようとして、切り取って止めたように仕立ててはならない。

聞き手は、そんなことでは好意的には感じないことをしっていたい。

同じく時間を流れても、目に見える演劇とは違う。止まったような演技から感じることはあっても、止まったような演奏からは伝わるものはない。


演奏とは、止まらずに流し込み続ける作業としては、休まず働くサービス業のようなもの。

時間でしかない。形はない。

「頭で考えて形を作る」ことで、止まりようのない時間の真実を見失ってはならない。


N響練習、川越へ

posted by take at 11:19| 活動報告

2018年05月01日

短怒


叱責は短ければ短いほどよいのだそう。30秒以内にしなさいとのアドバイスが。長くなればなるほど、その効果は落ちてしまうと。

小学校のときの校長先生の訓話、あるいは結婚式のときの長いスピーチを思い出すとよくわかる。

長くなればなるほど「早く終わんないかな」ということに意識が向かってしまい、その内容のほうには注意が向かなくなる。

叱責も同じ。5分も10分もたしなめても、どうせほとんどすべての内容を相手は忘れる。だから長い叱責ではその内容を理解してもらうことが困難になってしまう。

とにかく30秒以内で終わらせること、という話。




「30秒ってどのくらいやねん」

ということで、ヒマ人な僕が計ってみました。

やるべきことをやってなかった人を怒って…みた、まじまんじ。


「あのさ、なんでやってないの?今日までにやるって約束だったよね。理由はなに?!」

だと、理由を聞いている間に30秒きちゃうので

「あのさ、なんでやってないの?今日までにやるって約束だったよね。何やってたの?君がやらないことによって、当然仕事全体が滞るよね。周りに凄く迷惑がかかるし、そんな自分かっ」

まあ、相手の反応見ながらでここまでですね……怒りきれてませんな。

やっぱりあれかな。


「…………………………………君は………………だめだね…………いいよ、もう行って………」


で30秒。


ひえええ((((;゜Д゜)))

ちゃんと、怒ってぇ……


大塚へ


posted by take at 21:44| 活動報告

2018年04月30日

これからやること


「今、日本が世界トップレベルで活躍するようになったスポーツがあるだろ?あれは、関係者によるスポーツ生理学等の研究こそが、世界一になったからなんだよ」

年長者の意見は、本当にそうなんだろうなあと思わされるもの。


科学的にわかったそれらのことを、子供の頃からしっかりと取り入れてやっていく。そして不確かだったり漠然としたイメージだったり、はたまた根性論のような勢いまかせで効果が曖昧なこと、無駄なことはどんどんやらなくなり、世界の上澄みまでたどり着く結果に対して必要なことのみをプログラミングしていく。


僕は若い頃、国際コンクールの場面での、ヨーロッパの同世代との圧倒的な距離感にうちひしがれていたことがある。

「なんで日本人に生まれたんだろう」とすら思っていた。

今研究しながら気づいていくことも、ドイツやフランスはじめ欧米なら、もう何十年も前に試し、効果も副作用も理解し、その結果の現システムであり、それを取り入れようとしても、結局根っこまでは理解できないのでは、うわべだけなぞり結局磐石にはならないのではと思ってきた。


しかしこれからは、そこまで悲観的に生きるのではなくても良いのかもと思うようになりはじめている。

それよりも、あらゆる思いつきと工夫を駆使し、本当に楽器を自由に操れるようなシステムを目指し、後はハートと人間性にというとこまで探求する。


それこそが、僕のこれからの生きる形なのではと思う瞬間がありました。


MTTレッスン

posted by take at 19:51| 活動報告