2020年05月13日

悲観と楽観を持ち


とある和尚様の言葉。


あれこれ悲観的に考えてしまうしそれが大事なときもあるけど、行動は楽観的な方がいい。悲観的と楽観的の使い分けです。


「悲観的と楽観的の使い分け」


足元を照らす有難い指南は、凡人にはなかなか辿り着けない言葉だったのですが、深い納得と共にストンと入りました。


休日

posted by take at 17:49| 活動報告

2020年05月12日

1ヶ月単位?


実は4月一ヶ月間、ほぼ同じような生活内容で暮らしていたのですが、5月に入った瞬間から少々テイストが変わりました。

楽器を吹くプログラミングが変わったのですが、同時に休憩時のやることや、ペースも変わりました。

それは無意識に「これからは暫くこうしてみよう」と思ったのですが、それが5月1日だったというのは、後で気付きました。

もしかしたら、同じような日常の賞味期限は1ヶ月なのかもしれない。

ということは、6月になったら違うことを始めるのだろうか?

籠っている以上、まるで違うことというのは無理だが、楽器を吹くことのテイストを変えようとするのかもしれない。

実は4月と5月はまるで違うのではなく、ちゃんと繋がっている。4月ランダムに楽しみながら練習していたことを、5月は形にしているのです。

ということは、6月は更に明確な形にしようとするのか、それとも……


何せ何ヵ月も籠るのは初めてなので、自分が何をしようとするのか予想がつなかい。

自分を知っていってる感は面白いのですが。


今日電話で話したN響の仲間は、毎日3時間から4時間かけてパンを焼いているとのこと。

彼がパンダだったというのは、初めて知りました。


休日

posted by take at 17:28| 活動報告

2020年05月11日

印象に残った台詞


親会社からのリストラで追い詰められた男。恨みから犯罪を犯すが、追い詰められ死を選ぶ。ただ「ただでは死なないぞ」とばかり、検察に「強権的な親会社のやり口が不正だ」と訴えると共に命を絶つ。社長は検察から出頭命令。株価は下落し会社は危機に。

以下は親会社の会長と社員(会長の孫)の会話。


会長「それでもこれだけは忘れてはならない。死者の迷惑になることはするな。それは人の礼儀に反する」

社員「でも、そんな場合ではありません」

会長「ならばいつ礼を正す?人はよく“そんな場合ではない”と言う。“礼儀も正せる時に正すものだ”と。だが“そんな場合”などない。礼は常に守り、自分が損をする時でも忘れてはいけない」

社員「でも……」

会長「一方的に責められて悔しいと思う時も、最後の礼儀は絶対に忘れてはいけない。悔しさを晴らすために相手か悪いと言うのは幼稚だということを忘れるな。そう生きていれば、いつかは人に分かってもらえる。なぜその時に何も言わず耐えたかを」

社員「………肝に命じます」


休日

posted by take at 18:09| 活動報告

2020年05月10日

親愛なるブロカートの皆様


これまでに想像してこなかった非日常、そんな日々も長くなり、受け入れながらも辛抱の時間が続いています。皆様におかれましては、きっと工夫を凝らし、未来への希望に向かって逞しく頑張ってらっしゃることと思います。

まさか私たちの人生にこのようなことが起きるとは……皆様もそう思っていらっしゃるのではないでしょうか。
私たちが失った活動。演奏会、練習、皆様との交流を改めて思い起こすと、そこにかけがえのない生き甲斐や幸せがあったのだと、その価値を感じると共に、まずは団員の皆様への感謝が沸き上がってきます。

N響の演奏会が7月末まで全て中止に、指導をしている大学も今月いっぱい休講になりました。仕事再開の見通しが立たない私は、今、自分の技術、音、音楽とのみ向き合う日々を過ごしています。それは留学中や大学時代に似ていますが、それ以上の孤立した濃縮された時間に感じています。

もう若くない私の年齢でこんなにも自分と対峙する日々が来るとは。普段は感じない運命のようなものも意識しますが、この苦難が明け再びオーケストラができるようになった暁には、この日々を経験したからこその、より深くより人生に響くような音楽を皆様と共に作り上げていくという意志を、あらためて強く持ち始めています。

私たちのオーケストラは、真っ当かつ充実した活動を続けてきました。それは、あまたあるアマチュアオーケストラの中で、ブロカートとの縁こそを大切にしている皆様全員の徳が成し遂げてきたものです。私はこれから再び、出来る限りの力を使い、そんな皆様との素晴らしい音楽活動を目指し頑張ってまいります。

本日演奏することが叶わなかったブルックナーとメンデルスゾーンは、いつかまた取り組むことになるでしょう。その際は間違いなく、より力強い精神のもと、荘厳で比類なき美しさに出会える時間となるはずです。

再会の目処は立ちませんが、シベリウスもベートーヴェンも楽しみにしながら、今の時間を過ごしたいと思います。

皆様には、それぞれ大変な苦労を伴っていることもおありだと思いますが、ぜひ身体をお大事に、お健やかに過ごされますよう祈っております。

最後に、ブロカートに在籍されています医療関係の皆様に、心からの敬意と感謝を込めて御礼申し上げます。


休日

posted by take at 21:56| 管理人よりお知らせ

2020年05月09日

結局ラジオ体操


ラジオ体操が復活習慣化し、その後第1第2を続けてやるのも復活習慣化し、遂にはみんなの体操というのまで続けてやるようになった。

大きな画面の中の模範体操を毎日見つめていると、日々どんどん気付いていく身体の動かし方がある。

お姉さんズ、3人だったり5人だったりするのだが、タイミングや動かし方が見事に揃っている。やはり限定されたそれが理想的なのだろう。

その通りにやった方が、いいストレッチ、いい運動になる実感は確かにある。子供の頃なんかは、なんとなく自分の都合のいい動かし方をしてたんだなぁと。

お姉さんズの通りにやろうとすると、何気にハードなシーンもたくさんあり、全然違う体操してたんやんか!と気付きました。


3つをやりきるとかなり身体がほぐれる。

今は時間がありまくるので計上できているが、日常に戻ったとき3つ続けてやる時間がとれるかどうか。


ただ身体は本当にほぐれるので、その状態でN響や大学へ行ってみたい気持ちは日々強くなっています。


休日

posted by take at 17:17| 活動報告