2019年04月10日

写実@那覇


那覇なう

なんと県立美術館でホキ美術館の巡回展をやっており、館長と写実絵画の専門家が講演を開いたとニュースでやっている。

僕は美術史には疎いが、かつては評価が低かったと言われる写実絵画。あらゆる観点から詳しく解説されたらしく、聞いてみたかった。


現代でも、抽象的やデフォルメという形でのオリジナリティの表現がなされたものではない、故に価値ある個性の存在ではないという論評で、写実を低く評価する人もいるようだ。

ホキ美術館はじめいくつか観賞してきた印象としては、僕には極めて価値あるジャンルに感じられる。

本物そっくりに描くわけだから誰が描いても同じになると考えがちだが、画家によって個性ははっきりしていて驚かされる。見れば誰が描いたリアリティーかはわかるわけで、被写体に対する画家の思いやリスペクト、そして完成への道程における技法にははっきりと個性が感じられる。

また、必ずしも静止写真だけを描いたとは限らないわけで、例えば普通の絵画同様、川や海等描いた場合一時たりとも同じ状態ではなく、実は創作として描いたのだとしたら、本物のようなのに現実にはなかった状況、人物等をを生み出すことになる。そう考えると物凄いファンタジーに包まれた世界だといえる。


美術観賞の経験が浅くても感動へと、入りやすい世界。人間の素晴らしい感性と技術、飽くなきエネルギーを感じることもできる。


巡回展は来月20日までとのこと。沖縄の楽聖たちに観に行くよう勧めよう!


沖縄県芸レッスン

posted by take at 07:17| 活動報告

2019年04月09日

壁の順番


自分から壁を作り「人が寄ってこない」と言う人がいる。

一方には、そんな人との関係を憂い「自分がダメで壁を造っているから」と、存在しない自らの壁を壊そうとする人もいたりする。


壁を作る、壁を越えるのには順番がある。

壁ができてしまったなら、相手がと思いがちだが、実は最初に作ったのは自分だ。

壁を壊すのは、相手次第だと考えるが、実はそのスターターは自分。それを知ることが大事だなと。


僕は、自分は壁を作りがちではないと思っているが、順番ははっきりと理解したいたい。


付属高校、大学オリエンテーション

posted by take at 11:00| 活動報告

2019年04月08日

人生そんなもの その2


とある人を評しての「〇〇さんはとにかくエネルギーが凄いんですよ!!」というコメント。何度か聞いたことがあります。

内在するやる気を、マグマの噴火のようなイメージで凄いエネルギーと表現。


このエネルギーですが、もともとある人にはあり、持ち合わせてない人には最初からない、という論評に聞こえるのですが、僕は少し違うように考えています。


エネルギーというのは絶対量存在しているというより、生まれてきた良質のエネルギーを、時間と共に育てて立派にしていくものだと思っています。プライドや思いやりと一緒。


幼少の頃から病気がありという人は別ですが、大抵の人は選択次第で「とにかくエネルギーに溢れている人」と言われる存在になれると。


没頭できることを選べている人は、その度合いが高いアイテムであればあるほど、よりエネルギーが育ち放たれる。

やはり、本当に自分が興味をもてることこそを選べているか。人生がうまくいくのに必要なエネルギーも、そこにかかっていると思います。


勝ち組負け組という言い方は嫌いですが、もし人生がうまくいくいかないを勝敗と言うなら、自分の選択次第がもたらす結果でしょう。


実は人間が取り組む大抵のことは、誰だってそこそこ楽しめるものがほとんど。しかし端から見ると


周りが見えなくなるようにのめり込んでいる、時間を忘れるくらい没頭している、気がつくとそれに関することを考えている


というように、相思相愛を「結果ちゃんと」選んで取り組んでいるかどうか。


自分にピンとこないものは選ばない。没頭している人は、それを選ぶ時間すらなかったりするのでしょう。


レッスン

posted by take at 18:43| 活動報告

2019年04月07日

人生そんなもの


人生うまくいく人はどうなってもうまくいく。人生うまくいかない人はどうなってもうまくいかない。



「人生うまくいく人は何をやってもうまくいく」高い能力讃えてこう言う人がいるが、そうとは限らないですよね。

イチローは野球選手として成功したが、じゃあ商売人になったりトロンボーン奏者になっても素晴らしかったとは限らない、適性ありますから。(うまくいってたりして、イチローだからなあ)



でも、どんな風になってもうまくいく人はうまくいくし、ダメな人はどんな風になってもダメだとは思います。年齢関係なく。


人生うまくいく人っていうのは、とにかく没頭できることを自分の生活の柱に据えていて、そのことに関して工夫ができている人。それを選んでいる人。そうできていれば、どうなったとしてもうまくいく。

うまくいかない人は、没頭できないことに時間を使ってしまっている。それを選んでしまっている。工夫どころじゃない。うまくいかないから成果もあがらず、自分の状況や環境に対する不満や文句ばかり言ってる。

没頭している人には文句を言う暇もない。



悩める若者は、自分の選択にも悩む。何を選ぶことが、自分がうまくいく道筋なのか。

やりたいことがわからないとか、やりたいことがいくつかあるって人も 。



「先のことをきちんと定めて、そこへ向けて計画的になんて、先生はじめ大人は言うだろう。夢をもてとか。

でもね、先のことが確信になる、わかって進める人なんてひとりもいない。

今一番興味のあることに携わればいい。それを学んだり、実践したり、楽しんだり。

何もないなんてありえない。たとえば意欲わかないがちだとしても、その中でもそれなりに興味あることはあるはず。

結局、一番没頭できてることを選んでみればいい。自信があるないなんて、後々わかる結果論だから。

人生うまくいく人はどうなってもうまくいく。いかない人はどうなってもうまくいかない。

還暦過ぎて仕事終えようが80歳になっても驚くほど意欲的な人いれば、冴えない人は結局二十歳のときからずっと冴えないのよ」


室内合奏団、N響オペラ本番、ブロカート

posted by take at 20:55| 活動報告

2019年04月06日

靴下、お前もか


加齢なる呆けは様々な内容が賑わうが、頭上に眼鏡で「メガネメガネ…」というスタンダードなものと異母兄弟のようなやつがこれ。

本番終了後の着替え。周りの仲間と話に興じていると、一回黒靴下を脱ぎ、気がつくともう一度それをはいている。本当は家からはいてきた靴下を着用が正解。当たり前。


そんなボケも何度かかますのを経験すると、朝から黒靴下をはいて出るというパターンも生み出していく(皆結構やっている)。

そして終演後

誰と話すわけでもなく、ひとりで黙々と着替え………そう、黒靴下を脱ぐ。脱ぐだけでなく、しばらくありもしない靴下を探す。

今日は朝から黒靴下をはいてきてたんだったと気づくまでの時間がどんどん長くなっていく、そんな加齢がそこにはある。


頷くやつは、皆おっさん。


MTTレッスン

posted by take at 13:54| 活動報告