2019年06月04日

怒ります


「怒らない時代」である。

教育なのだが、伝わらないどころか強力副作用として「ハラスメント!」と逆評価されてしまい、なんなら立場を追われてしまうほど、不本意にでかい損をしてしまう。

よって「怒らずに伝えよ」「怒らずに育てよ」ということのようだ。

怒ると萎縮する前提が決定症状とされており、生徒、子供が、先人のアプローチから喜びながらやる気になるように導けと。


なんでそんな極端な話になってしまうのだろう。



僕は最近だけでも、生徒に対し二度大きめな説教をした。怒ったのです。

腹がたったし、それだと誰だろうが周りはむかつくし、結局それが理解できないと損をするのは彼、彼女だから。

で、説教し終わって思うのだが


彼らはときに怒られるのを待ち望んでいる


自分がうまくいってないことは彼らはわかっている。ただ、どうしてうまくいかないかがわからないか、自分の思考や行動のサボタージュだとはわかっていても、どうしてやらなきゃいけないことがやる気になれないかはわかっていない。

だから、わからないことがわかるようにはなりたい。

それをニコニコしながら教えなさいということだろうが、うまくいかないことで自分がもんもんとしていることに対し、優しくされても正直気持ち悪いと感じるメンタルもあるはずだ。


大事なのは、彼らにとって変わるきっかけになること。

こちらだって、のべくまくなし怒ってるわけではなく、ゆっくり言動を見つめ、大抵は放置していたりする。

しかし、失敗をしっぱなしにし何度も同じことを繰り返す人は、明るく優しいアプローチでは余計向かうべき道がわからなくなるはずだ。

そんな若者たちが大人になって、自分は一切不愉快に思わない人間になるのなら、そんな社会になるのなら、今から周りが怒るのはやめた方がいいだろう。


そんなはずないのだ。


彼らも不愉快になり、なんなら突然ぶちきれて大変な暴動を起こすかもしれない。


きちんと怒ってあげないと。


少なくとも、直近の僕の説教は、彼らの納得と府に落ちたような理解、そんな表情に見えた。


だから彼らは怒られるのを待っていた気がするのだが、それは僕の勘違いでないと本気で信じている。


彼らこそを強く信じているのです。


大塚へ

posted by take at 20:00| 活動報告

2019年06月03日

比べてはならない 比べるべき


道具による迷宮に入る。

マウスビースや楽器を吹き比べ、より良いものを選び(時には戻り)を繰返し、なかなか落ち着かない、落ち着けない。もうコレ!と決めてしまい、それを信じて使い続けるというパターンになかなかなれない。

それは「比べてしまっている」からだ。道具を。


「道具はスタンダードなものを使い変えないこと。何か問題があるとしたら、それは自分の問題だから」


全ての物、全てのことは、比べた段階で優劣がつくものだが、比べるべきものと比べない方が良いものが、正確な立場として共存していることが大切だ。


若きある時期、迷うように比べることで、道具の特性を学ぶのはありだろう。

ただ、長い楽器人生を貫く時間、その大半に必要なのは


昨日までの自分と今の自分を比べること。自分の変化こそを望み、積み重ねることで変わることを感じること。つまり、昨日までの積み重ねと今現在の結果を比べる。昨日までの理想と、今の理想を比べること。


そのために、道具は同じものがい続けるのは悪くない。

実は、自分と一緒に道具も変わっていっている。新しい道具には、また一から自分が合わせていき、再び変わっていかなければならない時間を計上する必要がでてくる。


瞬間の新鮮さは所詮瞬間。

積み重ねた時間というのは、かけがえのない価値がある自分だけのものであり、それこそ比べるのが困難なくらい再生に時間がかかるものである。


N-crafts東京公演
人間関係も同じ、変わらない相手との積み重ね

posted by take at 15:41| 活動報告

2019年06月02日

上手いへの道


上手いって、カッコいいし素晴らしくうつるから、「上手くなりたい」を目指すのはよくわかるのだが、実はそう思うより「いいのをやりたい」、つまり魅力的なのを目指した方が、結果上手さが手に入る気がしてきました。


室内合奏団本番、N-crafts練習

posted by take at 18:00| 活動報告

2019年06月01日

失敗の名手


私たちの成長、その大半は失敗というプロセスを辿った末に入手できたもの。

ということは、あらゆる失敗をたくさん経験した方が良いということになる。

あまり失敗を経験してない人は成長できないとも。


かの田中角栄さんの言葉にも

「失敗はイヤというほどしたほうがいい。
そうするとバカでないかぎり、骨身に沁みる。判断力、分別ができてくる。
これが成長の正体だ」

というのがあります。


最も大事なポイントは「失敗をしっぱなしにしない」ことだろう。しっぱなしにする人は、同じ失敗を繰り返す。足踏みから後退の人生となる。


ミスには必ず原因があるわけで、それを探して判断して(決めつけて)改善するのが癖になっている人、ある意味そのプロセスこそを楽しむため、常に新しいことを試し、成功や失敗を繰り返しまくり、細かい失敗が成功に覆い隠されていき、どんどんストロングになっていく人こそ成長名人。

イチローのように。


「試したことで失敗したら、次からそれをしなければいいだけですから」


彼のこの言葉から、失敗ウェルカムで待ち望んでいるのかとも感じた。


成長名人は、失敗の名手でもある。


室内合奏団練習

posted by take at 17:43| 活動報告

2019年05月31日

ゴジラ キング・オブ・映画監督


封切り日に『翔んで埼玉』を観に行き、大ヒットを予告した21世紀の淀川長治、吉川武典である。

そんな令和の水野晴男の僕は、封切り日に『ゴジラ キングオブモンスター』を観に行ったわけで、これはもうシンゴジラ並みに大ヒットすることを、ここに高らかに宣告しちゃうのである。


最近、作曲家と描きたい曲の関係性や、やはり画家における同様を考えることが多く、突き動かされるように選び描きたいではなく、なんとなく探したテーマによるものの力のなさを感じる日々であり……


映画館に向かう山手線の中で、なんとなくマイケル・ドハティ監督のインタビュー呼んだら


な、なんじゃあ!このマニアックっぷり!!これはただのファン、ちょっとしたマニアのレベルを遥かに超えた、変態とも言える超絶オタッキーぶりではないかあっ!!!


インタビューの最後には


「ゴジラは僕が童心にかえるために大切な存在なんだ。子どものころ、カトリック系の学校に通っていたんだけど、聖書にゴジラの絵を描いてよく怒られていた(笑)。

――神に対する背徳なのでは(笑)?

そんなことないよ!むしろいいことだよ。何にだって、どんな映画にだってゴジラを加えればより良くなると僕は思っている。想像してごらんよ、「スターウォーズ」にゴジラを足したら、やばいだろ? 「七人の侍」だってさらに良くなる。54年版の「ゴジラ」にゴジラを足したら、ゴジラがダブルで登場してさらにやばい」


いや、昭和の時代の味の素じゃないんだから。サンド富澤もちょっと何言ってるかわからないくらいのあっち側感。 でも、こんな人が作るんなら期待できるなあ……………


期待以上なんてもんじゃなく、超絶スーパー最高に楽しめました。素晴らしい仕上がり、興奮MAX。

「王の覚醒」というコピーが、最後には心に強く埋まりました。


私たち人間は、偉大で強すぎる王を結局望んでいるのだと、それが登場することが、こんなに気持ちを高めるのかと思ったしだいです。


渡辺謙演じる芹沢博士の生きざまは、ニッポン人のツボそのものでした。


ゴジラ万歳、ガオ〜〜〜〜〜ッ!!


休日

posted by take at 16:56| 活動報告