2017年05月11日

退屈しないために


僕の生徒の話ではありません。とある大学で教えている先生から「全然練習しない生徒がいる」と聞きました。

レッスンにきても、全く吹けないと。本人に聞いても周りに聞いても、全然練習してないとのこと。

レッスンする方は辛いでしょうね。音大には自分の意思で来たのだから、意欲のみならず目的意識もなにもなくなってるって「なんだそれ?」でしょう。

楽器ケースも開けてない、そもそも大学にいないとか、先生としては自分の歩んできた道のりと違いすぎる雰囲気に、ガックリ通り越して、どう相対していいかわからない感じでしょう。

その先生は「要求するレベルを大幅に下げた」と言ってました。そうすることで少しでも「出来る喜び」を感じてもらおうと。自分自身のフラストレーション軽減とはいえ、プライドも崩れるような、正直涙ぐましい話です。


僕は話を聞きながら、少し違う観点で感じていました。


その学生「退屈してるんだろうなあ」と。


退屈するか充実するかは自分次第。もちろんそうですし、様々な目的意識やスキルの全ての学生が退屈しない環境はかなり難しいでしょう。

しかし僕自身、あれこれ楽しいことをやったり、忙しく義務をこなしたりしながらでも、たまにある退屈な時間はかなり辛いわけで、本来充実した学びと共に楽しいことに溢れていた方が良い大学生活が退屈だと、あの世代はかなり辛いだろうと思うのです。

高い学費払ってる親も、知ったら涙涙です。


退屈しない環境。

プログラミングされていること、要求されていることが、自発性と共にこなしていけるもの。
要求される目標が自分自身の目標になる、自身自身の目標こそを要求されるという辻褄がある。
長すぎないスパンで、新しいことに取り組むことになる。
1人で、数人で、大人数で、同じ専攻の仲間と、違う専攻の仲間とやることになる。
スキルが低くても、辛くならなくてすむプログラムがある。
スキルが高い人が、正統的に認められるタイミングがある。
競争がある時間と無い時間がある。
専攻の多面性をまんべんなく学び、試し、発表し、評価し、評価される。
友達がいる。
できれば恋人がいたりする。
酒飲み仲間、飯食い仲間がいる。
先生との関係が強い負担にならない。
褒められたり怒られたり。


いろんな力が作用してはじめて退屈しない時間になるだろうが、やはり実現したほうががいい。忙しければいいというわけではなく、休む時間や孤独な時間ありながらのトータルバランスかなと思います。


川越へ

posted by take at 14:07| 活動報告

2017年05月10日

琉球登山物語


『沖縄食堂物語』というクリアファイルがある。

そこに五ヶ条みたいなのが書いてある。これが、全てを経験済みではないのだがやたら頷いてしまう内容。


その一
徹底的に空腹になってから行くべし。間違っても「小腹がすいた」程度でいくべきではない。

だよなー。県芸前のあかばなーは引っ越ししてしまったが、あそこもここも、お盆が運ばれて来た瞬間胃袋が一瞬後退りするもんね。


その二
「みそ汁」「ゴーヤチャンプルー」「さしみ」のメニューは単品と思うなかれ。これらにはもれなくご飯と小鉢(あるいはおまかせおかずメニューが一品)ついてくる。目には見えない「定食」の文字があるということを肝に銘じよ。

ですよ。チキンカツに刺身と煮物、ご飯はもちろん小さな沖縄そばついてたりもするのがフチュー。


その三
客である前に、店に入ったとたん食堂のメンバーになる自覚を持て。店のおばさんの「兄さ―ん、このお茶運んでくれるー?」の声にひるむことなく、すみやかにお手伝いしよう。

僕は「兄さ―ん」だけで、迷わず立ち上がるだろう。うちなんちゅに憧れるやまとんちゅやけに。


その四
自分の決断で注文できると思うなかれ。店員「兄さん今日は何食べる?」客「あ、ソーキそば」店員「だめ、今日はカレーライスにしなさい」こんなときはおおらかな気持ちで全ての判断を店のおばぁにまかせよう。

うちなんちゅたちはこれ見て「そお?」と言ってたが、いや、ある気しますがな。僕は「兄さん」だけで、おばぁの言いなりです。


その五
店員の愛情を一心に受けよ。ご飯にそば、刺身定食に付いたカレーライス、海老フライとチキンカツとトンカツのセット等、常識を超えた量には店員の愛情が込められている。その気持ちに応えるべく、ありがたくいただこう。

そう、そば定食にチキンカツがつく。ゆし豆腐にチキンカツがつく。刺身もつく。ダブルメインおかず、場合によってはトリプルメインおかず。そして、ご飯はこんもりと山のように盛られている。沖縄には高い山はあまりなさそうなのに、おばぁの愛は山盛りなのだ。


沖縄県芸レッスン

posted by take at 23:35| 活動報告

2017年05月09日

ゆし豆腐

2017050913130000.jpg

なぜもっと早く食べなかった!!

もちろんその存在は知っていたし、どんな食べ物かもうちなんちゅから説明はうけていた。しかも島豆腐による質感のあるとうふちゃんぷるーは大好物だし、ここ数年、更に豆腐そのものの味の虜になりつつあるたけ51才。

でもなんとなく食べずに二年以上を過ごしてしまった。嗚呼後悔。


チョーうまいやん、ゆし豆腐!!!!!!


ゆし豆腐とは豆乳にニガリを入れただけで固めていない豆腐のことです。普通豆腐を作る時は、豆乳にニガリを入れた後、四角い型に流し込んで水分を抜き固める。ゆし豆腐の場合は、豆乳にニガリを入れた時点で完成という訳です。固めない液状。

僕が食べたのは、透明なかつお出汁に浸かっている汁物。出汁と豆腐のマッチングも絶妙。うまいうまい。

うちなんちゅも口々に美味しと。

ただ、やはり定食にはしっかりと揚げもんついとる。おばあの優しさ溢れる量に感謝しつつ、ノコサーズやまとんとして、やりきりました。


お土産として琉球王国から持ち出せないのがずぁんねん。


沖縄県芸レッスン

posted by take at 16:41| 活動報告

2017年05月08日

価値


言葉は大事ですね。どんな言葉を発するかで、その人を判断することは多い。

言葉ひとつで救われることがあれば、深く傷つくことも。たくさんの言葉を発してスッキリすることもある。

私たちの生活には必需品だし、人生のクォリティにも大きく影響していく。


言葉の使い方で人間性を判断されることは多い。同じ状況に対して、何を言うのかで


良い人か悪い人か
賢い人か頭が良くない人か
ポジティブかネガティブか
深い人か浅い人か
あたたかい人か冷たい人か
おおらかか神経質か
愛を分け合う人か自分だけのものにしようとする人か
大人か子供か
愛すべき人か軽蔑すべき人か


判断したりされたり。

言葉が足りなかったり、また使い方を間違えたりして誤解を招くこともある。

大人として、社会人として、きちんとした言葉の使い方も要求される。接客、敬語、メールの書き方も含め。


しかし、心根より正確な言葉はないと思います。言葉が完璧でも、美しい心根とは限らない。言葉がつたないからといって、心根が卑しいとは限らない。

言葉で喜び、言葉で傷つく私たちですが、自分の心こそなんとかしなければならない。


大塚へ

posted by take at 12:45| 活動報告

2017年05月07日

プロの予感


野球の世界。プロになれるかどうかは、子供がキャッチボールをする姿、その身のこなしを見たり、センスを感じたりでわかるという意見を見た。

じゃあトロンボーンでプロになれる人というのは、どんな若者か。


「最初はパッとしなかったが、大学時代のある時期おお化けしてオーケストラに入った」なんて話も聞くので、全てのプロのスタートが正確に判断できる自信はない。


ただ二つのパターンには当てはまるかなと思う。


一回目のレッスンで非凡なものを感じるパターン。楽器を操るセンス、例えばリップスラーがすらすら吹けている等の器用さを感じるとか、ロッシュなんかを吹いた時自分の歌で吹こうとしているとか。

もうひとつは、レッスンをする度に、どんどんどんどん変わっていく人。


どちらもトロンボーンに対して、受け身でないことだけは確かだ。


N響オーチャード定期

posted by take at 18:02| 活動報告