2017年07月15日

さるかに外伝


さるかに合戦といえば、忠臣蔵と並んで日本を代表する(?)あだ討ちもんですが、やっぱり芥川龍之介さんのように、かにたちが親の仇を討った後逮捕されて死刑に処せられるという話を書く人もいるわけです。忠臣蔵も、あだ討ちの是非を語り、様々外伝的ストーリーが後々でてきましたし。

で、私の場合はこの豊かなアイテムたちから、まあこんな妄想になっちゃうわけで。くだらなくてすみません。

まずは本物。


【さるかに合戦】

むかしむかし、柿の種を拾ったサルとおいしそうなおにぎりを拾ったカニがいました。サルはカニのおにぎりが欲しくなり、ずるい提案をします。「カニさんカニさん、この柿の種をまけば毎年甘くておいしい実がなるよ。おにぎりと取り換えてあげようか?」「サルさん、どうもありがとう」カニは大喜びで庭に柿の種をまきました。そして「早く芽を出せ、柿の種。出さねばはさみでちょん切るぞ」そう言いながら、毎日水をかけ大事に育てました。

柿の実がおいしく熟すころにサルがやってきました。「代わりに登って取ってやるよ」と言って木に登ると、サルは自分だけ赤い柿を食べ始めました。登れず柿の木の下にいるカニには、まだ青くてかたい柿の実を投げつけます。当たった拍子にカニの甲羅が割れ、3匹の子ガニが産まれましたが、母カニは死んでしまいました。

やがて大きくなった子ガニたちは母カニの仇討ちをしようと決心し、栗、蜂、牛の糞、臼と一緒にサルの家へ向かいました。サルが留守の間に、こっそり隠れてサルの帰りを待ちます。

サルが帰ってきて囲炉裏ばたに座ると、隠れていた栗がパーン!とはじけてサルのおしりにぶつかりました。「あちちちち!!水だ水」と水がめに近づくと、水がめに隠れていた蜂がサルを刺しました。あわてて外に逃げようとすると、今度は牛の糞に滑って転び、その上から臼がドーン!!サルはぺちゃんこになってしまいましたとさ。



【さるかにが遺伝】

仕事ができる部下蟹江のことが気に入らない上司猿田は、今宵もスナック『モンキークラブ』にて、ねちねち彼に絡んでいる。

散々飲んだ頃、ママが握ったおにぎりが。猿田は自分のはしっかり食べたあと、蟹江に「あ、お前ピーナッツ好きじゃん、柿のタネあげるよ。で、おにぎりいただいちゃうね」と彼のを横取りをする。

なんでも人のものを取りたがる猿田。それでも悪く思わない心優しい蟹江。そんな蟹江がトイレに立っている間、猿田は柿のタネのピーナッツを全部食べてしまう。

トイレから帰った蟹江が「あっ……」と戸惑う間に、猿田は「何?食べないの?」と柿のタネまで全部食べてしまう始末。

それをスナックの隅で見ていた蟹江の子供三人は、大人になり、友人であり炉端焼き屋の店員である、栗山、蜂須賀、牛上、臼井の四人と父親の敵討ちを計画し、猿田を宴会に呼び出す。

炉端焼き屋に来た猿田が椅子に座ると、栗山が仕掛けてあったブーブークッションが弾け(?)店内中の笑い者になる。恥ずかしさにうろたえた猿田が思わず炉端の枠に手を置いてしまい「あちちちち!!水だ水」と叫ぶと、栗山が季節柄美味しい水なすを持ってきたため、猿田は激怒。「違う。水だよ水!」。手は赤く腫れてしまう。

「大丈夫ですか?」と蜂須賀が差し出したのは冷たいのではなくちんちんに熱いおしぼりで、それを握った猿田は更に蜂に刺されたような痛みに。

「ウキー!やってられんわ!!」と帰ろうとする猿田。すると牛上が床に落としておいた牛脂の固まりにつまずき、予定通りすってんころりん。

おもわず掴んだ臼井の袖。そのまま体重150キロの臼井がのしかかってきて、猿田はぺしゃんこに。

カツラも飛んでしまった猿田に全員が「あら、うすいのね」。


勝利の祝杯とばかり明け方まで飲んだ5人が、帰りに飲酒運転で逮捕されたのは芥川流なので、僕の場合は

全員二日酔いになりましたとさ。

めでたしめでたし。


N響大阪公演

posted by take at 18:49| 活動報告

2017年07月14日

伊麺煩悩


ありそうでないパスタ


「ソリャネーゼ」


という横綱級のギャグを見た。Web上で見たのだが、口頭で投げてみてもえらく笑いがとれたので、これは真の実力ありだ。

そんな凄いのに出会ったら、ただただ享受し楽しめばいいだけなのに、パスタギャグマスターへの憧れが強い僕は、無謀な道へと歩んでいく。

ということで、今日はコレ。


痛リアンレストラン『ボンノー』


― グランドメニュー ―

「アラヒデーヤ」
とにかく不味い

「アライヤーダ」
とにかくソースが飛ぶ

「ボンクレ」
8月12月限定のアッサリしたパスタ

「カルメナーラ」
カルボナーラが大好きだが重いという人のために、玉子とチーズ、生クリームを抜いてみました

「バジリコ」
馬の尻の粉末を使った競馬場限定パスタ

「レスカトーレ」
レモンスカッシュの注文をとってこいと

「ポロジャネーゼ」
ラコステ

「ナポリタン」
ナポリ発祥の湯麺(スープパスタ)

「パトロンチーノ」
経済的応援者の家でご馳走になれます

「ジエイノヴェーゼ」
自営業パスタ屋

「ホモドーロ」
男同士の道

「イカレズミ」
麺にイカの入れ墨が入っている

「メンデタイコスパ」
コストパフォーマンスが高く大変にめでたい

「ニョッキ」
トイレに行きたい時期

「パンネ」
ペン先の形に見えるパスタに見えるパン

「フェットチョッチネ」
脂肪チョッチネー

「ヴィオラオリ」
ヴィオラの降り番

「リングイイネ」
ホラー好き

「シェフのひねくれパスタ」
頼んだものを出さない

「シェフの細切れパスタ」
食べにくい

「シェフの暇くれパスタ」
あんたが休みたがってどうする


N響本番

posted by take at 15:35| 活動報告

2017年07月13日

すといっクーッ!!!


酒蔵の杜氏さんは、仕込み含めた期間、半年位になるそうですが、納豆を食べないの知ってました?

いろんな杜氏さんが、禁納豆の辛さをブログに書いたりしています。

日本酒造りの要、米麹造りには納豆の納豆菌が大敵で、納豆菌が麹米に繁殖するとスベリ麹と呼ばれるヌルヌルした納豆のような麹になってしまい、良いお酒が造れなくなるんだそうです。

酒蔵見学者にも納豆抜きで来るようお願いしたりするそうです。

あるブログを見ると「やっぱり一番大事なのは衛生管理」と書かれてあります。

『一に掃除で二も掃除、三四が殺菌五に洗濯』。これが出来ていない蔵は何を言っても説得力ゼロだと。


「………そういう訳で、現代は酒造り中に納豆を食べても、清潔にして歯磨きと手洗いをキチンとすればまず問題は起こらないはずですが、やっぱり昔からダメと言われてきたことをするのも気が引けますし、願掛けの意味合いも込めて酒造りの期間中は完全に納豆を絶ちます」


絶対ダメじゃないけど、杜氏たるものというプライドがストイックにさせるよう。カッケー!

そしてこうとも書いていますよ。


「長い酒造りを終えた春、半年ぶりに食べる納豆ご飯が、私にとって世界で一番美味い食べ物なのです!!今から春が待ち遠しい...(笑)」


なんか偉いと思うと同時に、少し羨ましかったりする。

こちとら休肝日も作らない勢いの日々。食べ物に関しては禁止期間はまるでなく、自由そのものなる幸せ者。よって味の抑圧はなく、半年我慢して食べると世界で一番美味しく感じ、半年間いとおしく食べ続けまた半年我慢し、なんていう切なさと感激、達成感と誇らしさは無い、ふにゃふにゃの舌人生だ。


じゃあ今日から半年、納豆やら酒やら我慢すれば

……………………………………………………………………無理ッス


N響練習

posted by take at 18:08| 活動報告

2017年07月12日

何が難しいってあーた!


僕が降り番の時に来演した指揮者が

「私はいくつが楽器をやったが、トロンボーンが一番簡単だった」

と言ったらしい。


なにをー!!!!!!!!
簡単ちゃうわ!!!!!!!!!!
どーせ、ぴろーゆーて音出してみただけやろがー!!!!!!


そんな根拠のない、しかもヤバい発言をオケ全体の前でするなんざふてーヤローだ。

じゃあはっきり言うが、音出すんに一番簡単なんは指揮者ぢゃ!! 手ー下ろしたら出るし、動かしたら変わるし。


トロンボーンは音を変えるのが難しいの!!

そう、この発言聞いてあらためて何が難しいか考えてみたら、トロンボーンはやはりレガートに代表される

「音を美しく移動させること」

に尽きる。

ポルタメントやグリッサンド入れヌメヌメ吹くのは実に簡単。しかし整然と美しいフォルムの音を並べ、美しいフォルムのフレーズにするのは、どんな管楽器より難しい。弦楽器並みに難しいのだ。弦楽器はポルタメント入れてのエスプレッシーヴォはさまになるが、クラシカルトロンボーンはお笑いになり「下手くそ」にしかならない。


ちょいとかじり、ぷぅと音を出しただけの人間にはわからんはな。


あらためて、楽聖たちにわかってもらわなければならないなあ。

「そこんとこに命かけんといかんよ」

って。


N響練習、川越へ

posted by take at 17:30| 活動報告

2017年07月11日

楽しさ増シソヨ〜


最近お気に入りの韓国料理屋ができまして。一週間経ってないのに二回目行きまして。


店内は広く、裏路地屋台村風になっている。ハングルだらけで異国情緒ムンムン。料理は美味しく接客も楽しい、とにかく居心地のいい店。

両日共5時くらいに入店。まだお客さんが一組くらいしかおらず、静かなムードの中ビールとサムギョプサルが始まりました。

自分で「そーなんだー」と思ったのは、徐々にお客さんが増え賑やかになるにつれ、楽しさも膨らみテンションが上がったこと。

普段なら、ほとんどの機会で「静かな店内」の方を期待したりしますが、この店の場合、屋台村風ということもあるのでしょう。決して最初が寂しかったわけではないのですが、賑やかになるほど自分の心も賑やかになっていって、嬉しいやら不思議やら。

自分から見えているテーブルにスタートビールが運ばれ乾杯する瞬間、サムギョプサルのおっきな肉を店員さんが焼き始める時の笑顔なんかも見ながら、一緒に嬉しくなったりして

「良い酒、良い韓国メシを!」

なんて心の中で叫んだりしていました。


普段他の店では周りの客に対してそんな気分になることはないのですが、二回共そうだったので、これまた少しだけびっくりしました。


客が増え賑やかになり、笑顔が増えたら明らか楽しくなる。そんな店は、やっぱりいい店なんだと思います。


休日

posted by take at 23:32| 活動報告