2020年07月05日

見つめない気持ち


もし私たちの世界に鏡が無く、水面に映ることもなく、一切自分を見る術がなかったとしたら、人は自らをどうするのだろうか。

自分以外の人は我が姿形を知っているが、自分には見えない。絵に描いてもらうか。手で触って想像する能力が凄くなるかも。

ただそれでも、顔含め頭部の身繕いには無頓着になるのではないだろうか。実際現実でも、見るのが困難な後頭部は他と比べてほったらかしだし、見ようとしない。


話をそらすが、自分が作った料理の味見をあまりしないまま出す人もいるようだ。自分の作り方と味に自信があり、もう工程で大体仕上がりがわかるからしない人もいるかもしれないが、本当に自信のある人こそ確認作業はつとめてやりたがると思う。

逆に自信のない人ほど、結果的に無頓着になっていくのではないだろうか。

普通、自信が無い人ほどしっかり確認し整えるべきだろうと他人は思うが、当人はそういう気持ちになりにくいのだろう。


演奏も、当然よく見つめ、なんなら録音して確認しと、他人のことなら当然のように思うだろうが、自信の無い人にすれば、なるべく見つめたくない方向を向くように見える。

しかし現状を打破したいなら、鏡を見つめずにというのは無理難題だ。不可能と言っていい。勇気を持って先ず自分の演奏を見つめ、そして評価し変えていくしかない。


現実の鏡となると、見つめない人はほとんどいない。器量が良い悪い、自信がある無いにはかかわらずみんな見つめ、自分にとってベストな状態へと身繕いをする。もちろん身だしなみとしてという気持ち、外へ出るのにみっともないのはまずいという気持ちが強いが、それだけではなく良く見せたいという美意識は少なからず働いているはずだ。その方が人生が幸せに流れる。

演奏も同じだ。やっぱりちゃんと見つめ今できる身繕いをした方が、楽器と出会ったときのあの純粋な本音、この音と共に幸せへと流れていくはずなのだ。


posted by take at 16:20| 管理人よりお知らせ

2020年07月04日

名曲潜在


いろんなアマチュアオケが活動し始めたよう。ブロカートは9月の演奏会も中止。全体としては10月からの再開を願って、希望者が少人数で練習し始めた段階です。アマオケもスタンスは様々なのでしょう。

そんなブロカートも来年2月の本番は実現したく、団員の皆さんが曲目についてアンケートをとり、新世界とブラームスの一番の名演を目指すことになりました。

本来ならベートーベンの田園中心のプロをやる予定の回.。更にブルックナー、シベリウスのプロもそれぞれ延期になったので、それらをずらしてやることも自然なのですが、自粛明けは乗り降りムラなく団員みんながやりがいを持って取り組めるプロにと、ブロカートらしいヒューマニズムが導いた選曲のようです。

やはり尊敬に値する素晴らしい人たち。ボクはそんなブロカートが大好きてす。


決まってからは、頭の中でこの二曲が鳴り続いてる。テンポやタイミング、流れも妄想からの勉強。

そんな日々の中湧いてきたのは、二曲の名曲が持つ強い強いエネルギー。日常がアクティブではないためか、以前の何倍も、内在する力と出会っている印象。それはまるで人生で初めて知ったが如くで、驚くと共になんだか圧倒されまくっている。

再開できた暁には、このエネルギーに対抗できるよう力が湧いてくるかは未知数で、それこそ妄想の域を出ないが、とにかく不思議な期待感に包まれている。とても楽しみでしょうがないのです。

名曲たちの底力を、物静かな日常の中ですガンガン感じている、そんな時間が流れています。


posted by take at 18:46| 管理人よりお知らせ

2020年07月03日

失敗の真実


成功ばかりを繰り返した人は、本人がどんなに注意してても、慢心し不遜になる可能性が高いと思います。

成功体験が悪いのではなく、失敗体験がない、もしくは少ないことが大きな問題。本当に失敗することは大切だと思う。若いときは、どれだけ失敗できるかは、その後の人生に大き過ぎる影響があるだろう。

失敗から学ぶことで価値観や言動が盤石になっていくわけで、外付けの知識には限界があり、やはり経験からの学びに勝るものはない。

ただ、誰しも失敗は嫌なもの。避けて通りたいから「失敗ウエルカム」とはなかなか思えない。

そんなイメージになってしまうのは、自分の通信簿的に感じてしまい、その成績のは悪さに傷ついたり凹んだりしてしまうから。それをチャンスにしプラスに転じられないのは、ひとえに傷つき凹む以外に何も自分の中から湧き上がらないから。

人生の達人になっていく人は、必ず原因を探ったり強引にでも理由づけをし、更なる実験から成功の方向へと向きを変えていく。

そして失敗体験こそが成功体験への道だと本能が理解していき、ポジティブな冒険者へと完成していくのだと思います。


失敗の真実とは、傷つき凹むだけにとどまるなということの理解こそが、教えてくれるのではないでしょう。


posted by take at 21:17| 管理人よりお知らせ

2020年07月02日

我慢を頑張る


夕方ニュースを見ながら、物凄く驚いた瞬間が。

新宿エリアで働くホストは1万人はいるというのだ。

ま、まじでそんなにいるの⁈1000人の間違いじゃなくて?じゃあホストクラブで遊ぶ女性客も物凄い数いるのね。

いやあ、そこまでニーズがあり、そこまでの巨大な商売フィールドだとは知りませんでした。


関東一円に職業トロンボーン奏者って何人いるのだろう?1000人いるかなあ?‥‥いないと思う。日本全国でそれくらい?そんなにいない?マイナーというべきか、そういうことではないというべきか。


いずれにせよホストの数は僕の中で大きく想定外で、桁外れの数のイケメンたち(多分)が、夜な夜な女性相手に体張って働いてるのね。

まあ今ターゲットになってるのは勿論理由はあるのだが、命に勝る優先順位はないわけで、どんな職業であっても健康優先で乗り越えるしかないわけです。

若かろうがどんな理由があろうが、今さえ良ければと開き直れる状況じゃないので、とにかく我慢を頑張るしかない。


posted by take at 18:04| 管理人よりお知らせ

2020年07月01日

ゴジラのいる夢の国


舞浜のネズミーランドが再開し朝から多くのファンで賑わうニュースを見ながら、どんなマニアックなものにもファンはいるが、やはりディズニーは、年齢層、性別、好き具合を飲み込んしまうくらい最強だなと思った。

僕が行きたいとなると、やはりゴジラパークか。

先日も書いた実寸大のゴジラはじめあちこちに怪獣たちがいて、内部がアトラクションになっている。片方の足から入りエレベーターで上がると、中にはそれはそれはエキサイティングなイベントが体験できる素晴らしい世界が。で、反対側の足から出ると。一応今どき密回避な妄想。

もう外から離れて見た段階で、興奮マックス間違いないと思いません?近づいていくと、あまりにデカくカッコいい怪獣のは足元へ。きゃーー!

巨大ゴジラにキングギドラ、モスラにアンギラス、ラドンにメカゴジラ。

ネズミーランドには惹かれないが、ゴジュラシックパークは行ってみたいなあ。女性にヒットしないからダメだろうけど、世界中からもさい男どもがガオガオいいながらやってくるぞ、きっと(╹◡╹)


posted by take at 18:36| 管理人よりお知らせ