2017年11月26日

ちんすこう

2017112407550000.jpg

沖縄土産、菓子の代表といえば、シーサーも隠れて食べているちんすこうさー。

【ちんすこう】
小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子。ビスケットのような食感と、控えめの甘さが特徴。日本茶やコーヒーのお茶請けに限らず、アイスクリームの口休めやトッピングにも用いられているさー。


たくさん種類あります。味もノーマルだけでなく、チョコはじめフレーバー花畑が華やか。

特に人気があり平積みになっているのが「雪塩ちんすこう」。これは絶妙な味のバランスと、沖縄らしい爽やかな青のパッケージが特徴。皆さんに喜ばれます。

ちんすこうの歴史
『琉球王朝の後期、料理座の包丁人であった者達が冊封使の食事を賄う為に渡った中国(福州)で習得した中国菓子と、薩摩藩の在番奉行の接遇の為に石原嘉右衛門や柳屋善太郎から学んだ日本菓子を琉球独自の菓子として作り上げたもの。元来は琉球王朝の王族や貴族のみが、祝い事などの時に食べることの出来るお菓子として珍重されていた。
尚 王、尚育王、尚泰王の3代に首里城最後の包丁人として仕えていた一世の新垣淑規(宣肇基 新垣親雲上淑規)と二世の新垣淑総から、廃藩置県後に琉球菓子の作り方を伝授された三世の新垣淑康は、1908年に沖縄初の菓子司として新垣菓子店を興し、今日のレンガ釜で焼いたちんすこうを販売した』

ということで、黄色い包装紙の新垣菓子店のちんすこうは、華やかな売り場のどこかで必ず売っている。

実は僕は、この琉球の歴史と共に歩んできた老舗プレーンが一番好きで、ちょいちょい買って帰ります。

素朴であり、ちんすこうらしい味がはっきりそこにある気がするんです。


N響オーチャード定期、ブロカート

posted by take at 07:32| 活動報告

2017年11月25日

怖くない日々


人生というのは、ゆっくりと長い時間をかけて、怖いものが無くなっていくということなのだと思います。

小さい頃は怖い夢を見て泣きながら起きてしまうこともあった。

世の中の現実や仕組み、人の心のあり方なんかがわかってくると、だんだん怖いものは減ってくる。安心や喜びの種類が変わってくる。

怖いものは、現実的には存在している。熊はいるし銃もある。サイコパスはいるし猟奇殺人を犯す人も。サメもいるしヒアリも。そして戦争をしたがる人間。

ただこれらは、でくわさなければ脅威にならなくてすむ。私たちの日常では、多少危ない瞬間はあれど自衛もどんどん覚えていき、安全からの安心も増えていく。つまり怖いものは減っていく。


これは楽器との人生でもかくあるべきだと思います。怖いものがどんどん減っていき、喜びが膨らむべき。

楽器の演奏での怖いものとは

「難易度の高いもの」
「どうやっても様にならないこと」
「出ない音」
「スタミナがもたないこと」

なんてことだろう。

実はそんなことこそ、手をつけず遠くへ追いやるのではなく、毎日のルーティンにして身近に置く。そうやって特別なものではなく「当たり前の普通のこと」にしていくのが得策だと思います。


ピータームーアやバボラクのような神童とも言われた人は、10才前後で16分音符や32分音符に溢れた、我々からすると超難易度の高い楽譜を疑問をもたず当たり前にやっていた(やらされていた、少なくともバボラクはそう)のでしょう。

怖いものだと感じる間もなく、やることが当たり前みたいな。

そう感じれることばかりになり、感情を自由に音にのせられるようになっていくために、


「怖いことこそルーティンにし身近で付き合う」


僕なら今のところ、ダブルタンギングと下降のリップスラーです。


N響練習

posted by take at 15:59| 活動報告

2017年11月24日

潤沢


最近気がつくと、「潤沢」という言葉をよく使っていたりする。


【潤沢】
1 ものが豊富にあること。また、そのさま。「潤沢な資金」
2 しっとりとしてつやのあるさま。うるおいのあるさま。また、つややうるおい。「潤沢を帯びた黒髪」「潤沢な瞳」


なんか好きみたいです、この言葉。

いいと思いません?身体と心に健全なものがそこにある気がするんです。優しさや香気も感じる。財産がふんだんにあるイメージも。余裕に繋がり、無条件で嬉しくなるような響きを持っています。

今一番欲しいのは、やはり

『潤沢な響き』

ですかね。もう活字自体が素敵すぎますね。


川越へ、ジパング

posted by take at 11:18| 活動報告

2017年11月23日

驚愕の事実


タッパも足のサイズも大きいと言われている和田アキ子さんが、実際にはどのくらい大きいのか、気になったことある人ばかりですよね、ね、ねっ!


なんと身長176センチ、足のサイズは26.5なのだそう。


んっ?!……僕とまっつくついやないかあ〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!
(まっつくつい・讃岐弁でまったく一緒の意)


現実的にイメージしたい人は、僕を見てください。このサイズです。

イメージしたい人ばかりですよね、ね、ねっ、ねーってばあ!!!


KSKウィンターコンサート練習

posted by take at 18:46| 活動報告

2017年11月22日

ジパングの季節です


今年のジパングは12月2日、土曜日の7時から杉並公会堂です、荻窪ですよー。

毎年、自信をもってプログラミングし、仕上げて本番をしているつもりですが、今年のコンサートは


(`へ´) とにかく楽しいっ!!


オープニングは久しぶりに、本当に久しぶりにコーエンのアンダンティーノを。初期の頃よくやってました。

やっぱり凄く綺麗なんですよね。響きも素晴らしい。のっけで超気持ちよくなっていただけるはずです。


レジデンスコンポーザーの高嶋さんとの共同作業、昨年はアレンジだったので二年ぶりの書き下ろしになります。

「無言館にて」の無言館とは、美術を学ぶ若者たちが作画半ば、志半ばに赤紙と共に戦地へと赴き、完成を夢見ながら帰らぬ人となった未完の作や、残された絵画が集められた長野県上田にある美術館。

そこを訪れた高嶋さんの深い悲しみと平和への祈りが、選ばれた音により紡がれたもの。反戦への気持ちそのものが、聞くべき音楽です。


カトル・ア・カトルは最近流行りまくってますね。あらゆるカルテットが演奏しまくってる。

この屈託のないとにかく楽しい音楽たち、ジパングらしいパフォーマンスにします。よそとは一味違う形ですよ。お楽しみに。


後半は、万を辞してクリスマスミュージックたちの登場になります。リクエストはあったのですが、アンコールくらいでしかやってきませんでした。

10曲以上、ガッツリやります。い〜い曲、有名な曲ばっかり。とにかく美しく、とにかくハッピー。

僕らも楽しみきりますが、サンタもやってきて一緒に皆さんへ音楽のプレゼントをする予定。


トロンボーンでクリスマス、美しくクリスマス、気持ちよくクリスマス、そしてとにかく楽しく楽しくクリスマスです。 ヽ(´▽`)/

皆様是非。


大塚へ

posted by take at 20:13| 活動報告