2018年05月17日

大勝軒物語


大勝軒といえば、泣く子もニヤける元祖つけ麺老舗最強ブランドだが、その川越店はなんこやにある。

僕が東邦に通い始めてしばらくして出店され、その後代替わりし少々味は変わったものの、大勝軒らしい甘酸っぱ辛い汁に普通盛りで350グラムというパワフルな麺を提供。車での来客もかなりあり賑わっている。


ある日カウンターで僕が麺を待っていると、恰幅のよい、しかしかなり御高齢と推察するじいちゃんが来店。大きめのひふみんってな見た目。


そんなお年でここのつけ麺いくのか……


足元おぼつかず、ふらふらしているので余計そう思った次の瞬間、じいちゃん、まだ席に座る前、歩きながら厨房へ向かって叫んだのです。


「もりそばと餃子、汁は少し薄めっ!!」


おぉ、常連さんでしたか。彼からすると、僕の方が全然ぺーぺーなんでしょう。失礼致しました。


しばらくして、おかみさんがもりそばの汁と餃子用の醤油をじいちゃんのところへ。すると

「醤油はいらん。わしら常連は、山岸さんの時代から、つけ汁に餃子入れとった。二代目の〇〇さんときも。みんなそうやって食べたんや」

ここの店の常連というわけではなく、あちゃこちゃ食べ歩くベテラン風来坊つけ麺師なのか?

おかみさん、麺食らう店で一瞬面食らっているが、直ぐににこにこし

「そうですか、もうしばらくお待ちください」


山岸さんとは、麺界では誰もが知る大勝軒の生みの親、故山岸一雄さんのこと。全ての大勝軒出店者にとって父親であり、かつ神みたいな存在だろう。

年齢的にも近そうなじいちゃんは、旧友感たっぷりな空気を一気に店内に醸した。


旧友ひふみんの前に、ついにもりそばと餃子が揃う。

いきなりがっつり麺を持ち上げたと思ったら、なんと汁に浸けず麺だけをずずずずず。麺のクオリティからか?やはり、隠れ査定人なのかっ??

そしておもむろに餃子を二個汁に放り込み、汁が染みるのを待つためか直ぐには食べず、つけ麺を何口か。餃子を挟みながら、もくもくと350グラムを食べ続けたのでした。


僕には80歳は軽く超えているように見えたじいちゃん。ある意味緊張感をもって、その言動をチラチラ見してしまったのだが、あまりいないであろうそのプレミアムな存在に、いつになくエキサイティングな感じさえ覚えたのでした。


問題はひとつだけ。

じいちゃんが気になって気になって、気がつくと自分がほとんど味わえてなかった。

じいちゃんはやるだけやって大満足気で大勝軒、僕は大敗軒になったのでした。


川越へ

posted by take at 12:53| 活動報告

2018年05月16日

男女はこーよ均等法


「男性が女性に優しくするのは当然だが、女性が男性に優しくするのも当然である」


え?普段から優しくしてるけど?

( ̄▽ ̄;) そ、そーですよね。

ていうか、どっち先に言うかで印象が違う?

Σ(;゚∀゚)ノ じ、じゃあ


「女性が男性に優しくするのは当然だが、男性が女性に優しくするのも当然である」


f(^_^;) なんだかとってつけたみたい?そもそも当然とか、そんな気持ちで優しくしてないし、当然だから優しくしてくれるってのは、違うと思う?

(-o-;) いや、そうだけど、まあ、そんなうがった聞き方しないでさ、素直に捉えて……

(;´д`) え?優しくない??

(T。T)


川越へ

posted by take at 12:39| 活動報告

2018年05月15日

周りが望む


レッスンをしていて

「人と一緒にやるときに一番大切なことは、二人だろうがそれ以上だろうが、携わる全員の目標、目的意識が同じになること」

と話した後、ふと思うところあり


「他人(ひと)が望んでいる発言をする、望んでいる態度をとるというのは、実はとても大事なことなんだよ」


と言ったら、生徒が大きく、深く納得したように見えたのが、今日一日で一番印象的なシーンになりました。


川越へ

posted by take at 19:20| 活動報告

2018年05月14日

取り組み二種


全ての取り組みに関して、人は二種類のどちらかだと分類できるのかもしれない。


ひとつ目のタイプは、自ら、自分のやることに、常に細かくリアルタイムで課題が持てる人。

もうひとつのタイプは、時間や、決めている課題のプログラムをこなすことを取り組みだと思っている人。

「私は後者です」

懺悔のように語った生徒の言葉から、この分類分けをイメージしました。


彼いわく、やると決めているルーティンをこなす、それなりの時間吹いたなら、練習をしたという気分になると。

やるべきだなと思っていることをこなすというのは、達成感はあるし、ある意味不安が減る行為ではある。

ルーティンだって、やり重ねることが効果があるはずだからルーティンとして選択している。

ただ、これで「やることはやってるから大丈夫」と思ってしまう人には、ある特徴が感じられる。それは


「リアルタイムで自分の演奏をモニターするのが苦手」


ということ。

私たちに大事なのは、今現在の課題に対して克服する力をもち、未来に成長という変化があるということだが、こなすタイプというのは過去と対峙しているのかもしれない。

ゆえに今現在の自分を見つめる力が弱く、その姿の現実が見えにくい。よって改善に時間がかかってしまう。

本人は、時間練習しているしやるべき課題はやっているのになぜなかなか上達しないのだろうと、首をかしげながら過ごしているのかもしれない。


リアルタイムでモニタリングできる能力というのは、誰にでもあるわけではない。実は聞けてないし感じれていないと理解し、その原因が課題の有無だとなるなら、まずはそれこそをお互いに共有する必要があると思います。


大塚へ、レッスン

posted by take at 17:23| 活動報告

2018年05月13日

顎の悲劇再び


上顎に張りつくのをみんなで語りだしたら、ほぼ全員まずは「海苔」と叫ぶわけです。で紆余曲折を経て、最後カールに到達したところで、この強顎(きょうがく)なる疑問は完結したのだと思っていたら、ぱいせんがポロッと言った一品で、自分の愚かさを思い知らされることになりました。デススターを破壊したからといって、スターウォーズは終わったわけではなかったわけで。それにしても不思議なのは、ほぼ全員が直ぐに「海苔」にたどり着くのに、述べ20人近い人がたどり着かなかったぱいせんのそれを聞いた瞬間、そこに居合わせた全員が「そ、それこそが一番だっ!!」と叫んだのです。「あの張りつき方には、人間に対する悪意を感じる」とまで言う人も。当のぱいせんもこれまた「それが嫌で年に一回も食べない」とまでのたまっている。




「そりゃ“もなか”じゃない」



あっ!そ、それそれ ( ̄□|||| 小次郎敗れたりっ、なぜ出なかったぁ!!!!!!! (号泣)


カラーズ合わせ、N響定期、ブロカート

posted by take at 17:35| 活動報告