2018年05月22日

ソルフェージュの取説


フランスはソルフェージュ大国と言われている。

ソルフェージュ能力に対する価値を高く意識し、難易度の高いものを要求、トレーニングしているイメージがあります。フランス人はじめ、パリやリヨンで勉強している連中、みんな耳いーんだろーなーみたいな。


東京芸大(藝大当時の呼称)も、入試のソルフェージュは難しかったが、苦手だった僕でも入れてもらえた。

当時附属高校でのソルフェージュは、大学の入試のそれよりレベルが高いと言われていた。今でもなのかな?


『ソルフェージュ(フランス語: solf ge)とは西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことである。音楽を学ぶ者すべてがその専門にかかわらず修めるべき基礎訓練全般を指す。ソルフェージュは楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結びつける訓練。これらの訓練を通じて得られる能力、特に読譜能力はソルフェージュ能力と呼ばれる』


沖縄の楽聖たちにも「ソルフェージュって何?」と質問したら、大体上記のような答えが。つまり、いい演奏するために内在していなければならない能力というイメージが皆にある。


ただ僕の知る人で、ソルフェージュ能力超高いのに、楽器は冴えず、音程もリズムも良くないプレイヤーがいた。

逆に、聴音新曲リズムトレーニングあまりやっておらず、実際ソルフェージュ能力高くないようなのに楽器が上手いのもいる。

今日書きたいこと、誤解されたくはないが、決してソルフェージュができなくてもいい、やらなくてもいいと言いたいわけではない。


僕が、音楽表現とソルフェージュの関係性として必要だと思うのは、持ち合わせている能力が高かろうが低かろうが「使う」ということです。


ソルフェージュを使うこと。つまりソルフェージュは「使うもの」ということ。


能力が高くても楽器がうまくいってない人は使えてないのだろうし、低い能力でも使えば表現の洗練に貢献する。

具体的にどう使うのかといえば、楽譜に対して正確なリズム、音程、長さ等をこの能力でもって探し、精査し、それこそを楽器でさらう道筋にすること。

使えてない人は、なんとなく思い込んでいる曖昧なリズムや音程や長さでさらい続け、正確なフォルムを知らないまま、不正確なフォルムを身体に染み込ませていっている。

実はわかってない、知らないんだから正確になりようがない。


ある楽聖が懺悔のように言う。

「自分は、さらいはじめとそれなりの期間さらった結果、吹けるようになることはあっても、根本的に変わらないずっと同じようなだめな演奏だと、ずーっと感じています」

それは途中で、ソルフェージュを使い「正確な演奏を探す」ということをしていないからだ。

少なくとも、リズムや長さを精査することはそれほど難易度は高くないし、ソルフェージュ能力も、それなりのもので可能なはず。


楽器がどんどん上手くなる人というのは、実は常に細かくソルフェージュ能力を使いながらトレーニングしたり曲をさらっている。本能でそれをやっている。

ある意味


「ただそれだけが差をつける」


と言っても乱暴ではない、そんな気がしてます。



沖縄県芸レッスン
能力高く、リズムも音程も完璧だが音色が残念という奏者も。響きを求め聞き取る力は、また別かと。


posted by take at 13:41| 活動報告

2018年05月21日

僕を生かすもの


カラーズ二公演、室内合奏団、N-craftsツアー。

N響の定期や旅以外に少々気合いのいるハードなコンサートが続いたし、沖縄はじめ地方も連なったため、結果的にこの1ヶ月半くらいは、心も身体もかなりアクティブに頑張ってました。

一昨日のカラーズ終わり迎えた昨日、起きた瞬間


………うわああ、疲れてるわーー↓↓↓



で、夕方までのんびりして、千葉の市川までアマチュアオーケストラの指導に向かったのですが、電車の中でもずーっとだるおも。

一年ぶりにオーケストラの方々に再会ですし、この日1日のみ携わることになっているのですが、椅子に座り込んでぐったりしている態度しかとれない。

会う人と挨拶するのが精一杯で、あとはまるで社会性の無い姿。うなだれた状態。

オーケストラの人たちも「大丈夫か?この人」と思ったことでしょう。

更に演目がマーラーの9番なんちゅう、難解な難曲。昼間に勉強するものの、久しくN響でもやっておらず、頭もウニウニ。


ところが、始めてみたらみるみる元気に。気がついたら、おっきな声でわーわーやっている自分がいたのです。

途中で、やりながら「ありゃ、元気だ」と自覚。少なからずびっくり。

で、休憩中はまた試合に負けた矢吹丈のようにソファーでうなだれ、再びマーラーが始まるとなぜだか元気にわめき、身体を動かしている。

そっかー、そうなのか。



僕は音楽に生かされているんだ



はっきりと自覚した瞬間。

そして、そんな音楽をやめなければならなくならないよう、身体も心も自愛し、あらためて社会や人との繋がりこそを安易に意識、判断しないよう、真理の考察は続けようと思ったのでした。


レッスン
で、終わって飲みに誘われ迷い、行き、結局アレが入ったら大騒ぎ。音楽と酒席で生きてるのか??生きてるのだぁ!!

posted by take at 11:41| 活動報告

2018年05月20日

ガスと自分と音楽と


一昨日の東京ガス吹奏楽団との共演は、とても思い出に残る経験になりました。

オペラシティでコンチェルトを吹くのは二回目。もう15年以上前か、東京シティフィルとフルメリを吹いて以来でした。

普段はN響のミュージックトゥモローで現代曲をやることが多いのですが、バンドの前に立つと、とても美しく音が響いているのがわかり、それだけでも有難い機会をいただいたなと。

アンコールにア・ソング・フォー・ジャパンも共演しましたが、カラーズ含め、バンドとマエストロ、客席と自分、そして作品全てが、同じ場所へ到達できるアイテムをやらせてもらえて、少なからず意味のあることができたのではとも感じました。

バンドの方からは「うちのバンドは下手なんで」と聞かされてましたがなんのなんの、素晴らしい音楽団体で嬉しくなったし、歴史と伝統の積み重なった第40回目に出演させてもらえたことは、本当に光栄でした。



レセプションでスピーチをするよう頼まれていたので、ガスと自分の日常を少し考えてみました。

というか、当たり前に享受し過ぎてて、ほとんど考えたことがなかったことに気づき焦ったのですが……

家人がとても料理が上手いので幸せにいただいていますがガスのおかげ、お風呂が好きでこれまたガスのおかげです、としか言えませんでしたが、安全に安定したガスを供給されている方々の仕事は、僕らの日常の幸せに大きく関わっているのだと、強く認識することができました。

インフラは、黙って当たり前のようにそこにあり、生活と並走してくれるのが当然みたいなもの。ものも言わないし目立ちもしない。特にガスは危険も伴うので、彼らの安全性に対する最善の努力のおかげで、これまた不安少なくご飯にお風呂である。

尊敬されるべき仕事をする方々と、音楽を通じて感じ合うことができたこと。それがこの特別な一日の、感謝への一番の道筋となりました。


レッスン

posted by take at 16:50| 活動報告

2018年05月19日

わちゃわちゃJK用語


気がつくと「わちゃわちゃしててさ」という発言が増えている。

あ、自分です。


落ち着きがなかったりとっ散らかってたり、小にぎやかだったりするようなことを、感じた時に自然と使っちゃってる。

てか多用。気に入ってる感じ。

女子同士の胸前バイバイみたいな腕の動きとセット。

どうやら響きが好きみたい。

やっちまったなー的状況の時に発する「わっちゃー」。それが短くなって二回繰り返すことにより、なんだか可愛らしさがコーティングされ、深刻さが減る。状況には微笑ましさがイメージされる気すら。


実はれっきとした大阪弁でんがな。

『数人でやかましくしゃべる様』らしい。

「わちゃわちゃ言うとらんと、静かにでけしまへんのんか」なーんて使うと。

僕は加工して使ってしまっている。


更にわちゃわちゃすると

「じゃかーしーわ!(JKしーわ)しずかーにでけんのんかー!!」

と怒鳴られることになる。

つまりJK用語になるようだ。

内容がわちゃわちゃしちゃってるぅ。


アマチュアオーケストラ指導
ちなみに、ジェダイの騎士用語ではない。

posted by take at 16:53| 活動報告

2018年05月18日

「モニターする」か「こなす」か


大学生がその日常でやることを挙げると

練習する
レッスンを受ける
合奏や室内楽に携わる
授業を受ける

あたりになるだろう。


特に、熱心に個人練習に取り組むことこそ必要不可欠というイメージだが、そうあっても必ずしも楽器と音楽性、そのスキルの向上に繋がらないこともある。
毎日5時間ずっと練習し続けたが、ほとんど伸びなかった人もいた。


実は、大学生が彼らの時間にやらなければならないことは、


「常に、自分が出している音、演奏をしっかりモニター(観察・監視)し、常に課題を持ち、常に改善する」


これに尽きると思う。


これが出来ない気質というのを、簡単に一言で表すと

「こなしている」


になるのだと思う。

練習をこなす、レッスンをこなす、合奏や室内楽をこなす。

これは、全ての大学生が希望するスキルの上昇に関して、もっとも邪魔をする取り組み方であり、ゆえに「時間のムダ」と表現してもいいかもしれない。

「いや、全くムダとは言えないんじゃない」という意見はあるかもしれないが、本人の一番の希望通りにならない時間を過ごしてしまうのだから、ムダと言ってしまいたくなる。


何気に「こなしスト」になっている人は多いのではないだろうか。

レッスンだって、こなすものではない。レッスン室、その空間に流れる時間、そこに派生する自分の演奏、先生の投げ掛け、その他の空気全てを生徒こそがモニターし、リアルタイムで改善し続けることだ。


カラーズ本番

posted by take at 20:38| 活動報告