2013年02月20日

シュムーの言葉


僕はベルリンで、シュムーからいろんなことを教わったのだが、たくさんの会話の中いくつか忘れられないものがある。これは、そのひとつ。


たけ 「シュムー、質問があるんだけど」

シュムー 「いいよ、タケ」

たけ 「僕のムントシュトゥックについてだけど、どう思う?」

シュムー 「なんだ、悩んでるのか?」

たけ 「そう、悩んでいる」

シュムー 「何を悩んでるんだ?」

たけ 「僕のムントシュトゥックはこれだけど、少し小さいのかな、と思っている。君のムントシュトゥックは、僕のものより少しだけ大きいよね」

シュムー 「タケはエヌハーカー (NHK) で、いつもそれを吹いてるんだろう?」

たけ 「そう」

シュムー 「だったら問題ないじゃないか………プロフェッサードムスは誰よりも小さなムントシュトゥックだったが、誰よりも大きく立派な響きを出した。だから関係ないんじゃないか」


また別の時

たけ 「シュムー、僕のムントシュトゥックの当たる位置についてどう思う?」

シュムー 「なんだ、悩んでるのか?」

たけ 「そう、悩んでいる」

シュムー 「何を悩んでるんだ?」

たけ 「僕はちょうど真ん中だけど、少し上がいいのかな、と思っている。君の位置は上の方だよね」

シュムー 「タケはエヌハーカー (NHK) で、いつもそこで吹いてるんだろう?」

たけ 「そう」

シュムー 「だったら問題ないじゃないか………プロフェッサードムスは誰よりも下の方に当てて吹いていたが、誰よりも大きく立派な響きだった。だから関係ないんじゃないか」



たけ 「シュムー、質問があるんだけど」

ほにゃららほにゃらら〜〜〜〜

シュムー 「だったら問題ないじゃないか。プロフェッサードムスは誰よりも………」

シュムーは、直接習った山元さん、ウテッシュさんと同じくらいドムスさんのことを尊敬していた。

僕にとっては、その後の考え方の大きな指針になる “禅問答" だった。


N響、本番初日。

posted by take at 18:32| 活動報告