2012年02月29日

柏猿 大


120229_115744_ed1.jpg

“柏猿 大”

かしわざる だいと読む。仮面ライダーに変身する俳優の名前みたいだ。

昨日、我々レンタカーチーム(Tp,Tb,Tub6人)は、大阪から一路高松を目指したのだが、もっと詳しくいえば一路“かしわざるだい”を目指したのである。

それは、一高講師陣、僕とトランペットのI川さん、最近のお気に入りのうどん屋、“麦蔵”の看板メニュー、かしわ(鶏肉)の天ぷらがのったざるうどん、その大盛りを略した言葉。至高の一品を目指す旅なのだ。

お腹もすきすぎてMAXになった頃、ようやく到着。のれんをしまいつつある店と多少ねばねば交渉するものの、結果理解ある撤退をすることに。いつもの安心できる店に急遽向かい、皆で美味しくいただいたのでまあよかったのだが、岡山で車を借りた瞬間から講師コンビは
「かしわざるだいっ!かしわざるだいっ!!」
と連呼していたので、多少残念な空気はただよった。
「ま、明日鳴門へ向かう途中寄りましょう」という建設的意見に反対する者はいなかった。

今朝11時半にホテルを出発。昼前にはついに全員が店のカウンターに座ることとなる。皆迷わず
「かしわざるのだいっ!」
と明確な意思表示。初めて来たメンバーまで常連感満載だ。

私達の前に現れたうどんは素晴らしい艶、真珠の輝きを放ち、かしわ天ぷらは上品な色、質感で全員の食欲スイッチを押した。

とにかく文句なくうまいのだ。
皆柔らかく揚げたかしわに心奪われる。鶏の旨味を膨らます上品かつ絶妙な味付け。
そして主役の麺がまた素晴らしい。讃岐には数軒だけあるパターン、口に入れた瞬間は柔らかく、やおいのか?と思わせといて歯を入れていくと、ちょうど心地好い弾力のあるコシが感じられる麺。その力強く頼もしいコシには安心して身を任せられる。絶妙な跳ね返りは、まさしく懐の深い家長を思わせる。
「恐れることはない、何の心配もいらない、安心して私の元にいなさい」
と。

そのコシの強さが一番に語られる讃岐うどん、口に入れた瞬間からしっかりとした“もっちり感”が感じられるパターンが一番多くそれはそれで“美味し楽しい”のだが、この手の“柔ら逞しい麺”は、もう『神の領域』を感じさせるところまできている。

甘さは口の中にベチャベチャ感を残すことなくすっと流れ去り、旨味の印象のみが記憶にインプットされるつゆ。そこにこの麺をつけ、自分がその時心から食べたいぶんだけ口にすすり込む。途中に挟むかしわが、動物の逞しい油と筋肉で「うどん、その至福の時間」に華を添える。

「俺、ここに生まれてよかった」
思わずつぶやいた。

横で一心不乱にすすっていたI上君は聞こえているはずだが、うどんから意識を離すことを止めない。全てが理解できる僕も、最後まで淀むことなく食べきった。


「美味かった!」

その言葉のみ全員が発し、車は一路鳴門へ向かって走りだした。


鳴門公演。完売だそう。うどんに負けない感動を目指して、オーケストラ、がんばります。

posted by take at 16:16| 活動報告