2023年11月16日

一生準備


人間は、全ての行動において

「予備運動という準備」

を必ずしているのだと思います。

自覚がないことが大半だと思いますが、例えばまばたきひとつするのにもしているはずです。

そう考えると、人間の人生は次の行動の準備で埋め尽くされた時間とも言えます。

そしてこの準備が的確であることこそ、最も必要で重要なことなのだと思います。それを失敗すると起こした行動も失敗に繋がるし、的確だと怪我しないどころか、未来が全てうまくいくのでしょう。

そう考えても、少し先手。

この少しは本当にほんの少しの場合もあれば、それなりに少しということもあるのでしょう。

ひとつ言えるのは、若い頃は身体も思考も行動計画も、そんなに先まで意識しなくても大丈夫だが、それなりに年齢を重ねたなら、5年10年、少なからず1年くらいの単位で意識しないとならなくなる。

身体はそうやってケアもしなければならないし、ローンや退職金やと考えると、回すお金もおおきかったりするから。

いずれにせよ、先手が大切ですね。

後手に回っていいことはないし、この歳になってくると致命傷になりかねませんから。

posted by take at 17:55| 活動報告