2020年03月31日

志村けんさんの言葉から


志村けんさんが、付き人(弟子)に残した言葉の中に

「笑いってのは教えられないんだよ」

というのがあったと知った。


そうなんでしょうね。


今は吉本の学校でもかなりシステマティックに教えているのだろうから、どんどん新しい芸人たちが出てきていることは確かだが、あのさんまの言葉、「笑いのツボはわからんわー」が象徴するように、本当に笑いが起こる決定的方程式というのは、誰にもわからないのだろう。

わからないから教えられない。笑わせられる人自身も、自分のセンスの何がどうだからと、言葉で説明はできない。

笑いを求めウケを求め、すべるパターンを研究し、悩み悩んでなんとなく発してきた言葉の中から笑いが得られたものをリピートからまた研究、そして傾向を理解していく気がしていく。

そんな人生の時間なのではないだろうか。


実は演奏も全く同じ、教えられないものだと思う。感動を生む表現の仕方なんて、言葉で表現するのは不可能だ。

上記の考察の単語や言葉を、演奏のものに入れ替えると、そのまんま同じ価値観になるだろう。

今は音楽大学でもかなりシステマティックに教えているのだろうから………


志村さんは「だから俺の側にいて見ていろ」ということだったようだ。芸事における昭和の学びの基本的スタンスですね。

本当は現代も同じで、本質は何も変わっていない。

最後は言葉やレッスンでは教えられないから、演奏そのものを聴き、向き合い方や生き方を見て、研究したり評価したりを繰り返し、ある瞬間からきづいたり普遍的素晴らしさを身に付けて、成功と失敗を繰り返しながらとにかく諦めず進めよと。決して教えてもらおうなんて思うなと。



志村さんのもう一言

「人の気持ちがわからないヤツには、お笑いはできない」

これまた、人間が作る物質もだが、特にコミュニケーション系における真理の中の真理。人の気持ちがわからないヤツには、本物の演奏はできない。


召されてから、初めて志村けんさんと繋がったような気がする。


合掌。


休日

posted by take at 14:59| 活動報告