2020年02月20日

バーチ先輩の偉業


魯山人は生まれるのが早すぎたと嘆き、エジソンもその発明には嫉妬しただろう、いぶりがっこにクリームチーズを乗せた世紀の大発明家は誰で、いったいどういう流れでそうなったんだろうと思うと、夜も眠れず(+.+)(-.-)(__)..zzZZ

同じように、明太子スパゲティは一体なぜそこに行き着いた?と、我が幸福の貢献への感謝と共に、不思議ともいえる、2人の生活フィールドの違いからの運命の出会いに思いを馳せると、眠るのを惜しむが如く、遠くを見つめる細き眼差しと共に考察は止まず(+.+)(-.-)(__)..zzZZ



そんな明太子スパゲティですが、勝手に妄想していたネタのきっかけは、ハリウッドでも映画化されたあれ、「トロの成り上がりサクセスドリーム」にある。

最初は、脂身として食べるに至らずと捨てていたトロを、金の無い浪人受験生達が安く手に入れ、その上手さに気付き広めた結果が、マグロ身大逆転になったと。

つまり、金の無い博多出身の大学生が、下宿にてスパゲティと親が送ってきた明太子しかなく、やけくそ的に混ぜたらビッグバンみたいな。


しかし事実は違った。日本史はちゃんと勉強すべきです。

なんとN響の大先輩が、そのきっかけになっているではないかっ\(◎o◎)/


日本のスパゲティ専門店の草分け、今も渋谷にある『壁の穴』。N響やNHKの人も多く出入りしていたらしいのですが、あのホルンのバーチこと千葉馨さんが、外国土産のキャビアを持ってきて、これでスパゲティを作ってくれとリクエストしたのだそう。

そしたらまああーた、美味いの美味くないの。まあ美味しいんですが、高価なキャビアは普段ふんだんとはいかず、じゃあ魚卵がえんじゃないかと、たらこを和えたと。(ここから、現在のあらゆる和風スパゲティのレパートリーが生まれていったそうです)


僕の妄想は大ハズレだったわけだが、もし現実にパラレルワールドが存在し、そちら側の住人だったら、たらこスパゲティも明太子スパゲティも存在してない可能性もあり、まあこちら側で良かったなあと。


カレーうどんと同じで、トマト系を食べるつもりで店に入り、メニューに明太子あれば他の全てを諦めなければならないくらいだったり、なんならメニューにたらこ系がなかったら頼まずに済むから、諦めがつくという意味でほっとするくらいの、ラブめんたいパスなわけなので………

とにかく明太子スパゲティのある世界に生まれて、本当によかったと。

そしてバーチさん、心よりありがとうございます!!!


大塚へ

posted by take at 17:04| 活動報告