2019年06月14日

自信への環境


人は人生の時間を通して自信を持ち、時間と共にそれがたくましくなっていく必要があるのでしょう。

ただどんなに年齢を重ねても、磐石で問題のない100%の自信で充たされてとはならない。

というかそうなるとやばい。それは不遜への道筋だから。


若い人にも、未熟ながらもある程度の自信は必要。理論や理屈は構築されきってないから、なんだかわからないが根拠のない自信みたいな。ある意味楽観的視点というか。


問題は、とにかく自信が持てない若者。あってもとても弱々しいガラスの自信のような。

実は生活環境が大きく影響していると思う。


親が投げ掛ける言葉は大きい。

子供がよくわからない、納得いかない言葉で責められたりするとよくないのだろう。

褒めればいいという単純な話ではなく、パーソナルの個性や成長が、親から素直に認められる形で褒められていればいい。


テレビで美容整形のドキュメントをやっている。かなり生々しい。時代は変わりつつある。

整形を終えた人が、強いコンプレックスが取れ何より内面が変わったと言っている。

内面が変わり自信がもてるようになるのはとても良いと思うが、それが外見の手術をしてというのを見たとき、この女性のコンプレックスはどう生まれてきたのだろうと考えてしまった。


一般的に見るととても美人には見えない、どちらかといえばそうではない女の子が、母親から「〇〇ちゃんは本当に美人だから」と育てられ、自信に溢れた人生を送っている人を知っているが、少なくともそうではないのだろう。

あと、高校や大学の周りにお洒落な美人が何人かいて、男女皆がもてはやし、自分を比べてしまっていたとか。


男の僕には辿らずに済んだコンプレックスだが、やはり外見以上に人としてのパーソナルに自信を持てるような環境が必要だと思う。


あんたは男だから。男が女の外見を言うからじゃない。


ま、そうなんですが。


長い人生を充実して生き抜くには、最終的にはパーソナルの自信が一番の支えになるし、子供の頃に派生しはじめた方が良い気がするんです。


外見の自信は大事ですが、もっと大事かと。

親と環境。


N響定期

posted by take at 18:03| 活動報告