2019年05月26日

では演奏家は?


被写体に対するリスペクト。

生み出すものが、単純に人間にとって価値ある魅力に溢れていること。


作曲家に願いたいこのふたつは、演奏家にとっても必要だ。


演奏自体が魅力的でなければならない、なんてのはおさな子でもわかる当たり前。

そして、きちんとリスペクトできる気持ちだ。

作品や作曲家、楽器や聴衆に対して、敬う気持ちをもち、その気持ちで「選ぶ」ということができるような人間でないと、素晴らしい演奏家にはならないのだろう。


なんとなく題材を選び、なんとなくさらって表現しているだけだと、大多数の生まれては消えている音楽たちと同じなのだ。


N響練習、ブロカート

posted by take at 17:47| 活動報告