2019年02月28日

我が表現


【自己顕示欲。良いか悪いかをイメージすると悪者的に感じる人が多いだろう】


【人間ってもれなく、かくもさびしんぼなのかと思う。世の中で設定されていること、起こっている問題のほとんどは、そのことが根っこにあるのは明らかでしょ】



この二つは僕の主観だが、自己顕示欲とさびしんぼという性分は、実はセットだと思います。

さびしんぼであるから自己顕示欲が生まれてくる。

認めてもらい、たち位置をはっきり作り、周りと繋がりたい気持ちが強い人ほど自分こそを語り、アピールに励んでしまう。

そういう意味では、決して悪者ではない。

それを周りに「ウザくて困った要素」にうつらせてしまうのだとしたら、周りからの印象を察知、観察、理解する能力の有無の話になるのだろう。

それが無いのは、自己アピールの薄い人、黙ってしまって周りに距離を感じさせてしまう人、サービス精神はあまりもちあわせてない人たちの中にも結構な割合でいる。


周りとのコミュニケーションが面倒くさく、自分も関わりにいかないから、こっちもそっとほっといてほしいという人もいて、決して非難される人間性ではないが、そんな人も、まるで自分をわかってもらわなくてもよいわけではないのだなと感じたシーンをいくつも経験してきました。


またある若い時期「先生に名前も覚えられないくらい地味に過ごそう」と思う人もいる。そんな人は、自分の自己顕示欲の強さを無意識のうちに危険要素と感じたのかもしれない。(そういう自己回顧を聞いて、根っこはそうなのかもと思うことあり)



若者から年長者まで、欲望が解放されたように世界中がSNSに興じているこの十数年。そしてその表現の印象により、これだけ自己顕示欲と表現の歓迎、嫌悪がぐちゃぐちゃになっている時代も、大変に現代的オリジナル。 過去にはなかった状況だろう。


いずれの表現者も、自分がどれほどのさびしんぼなのかは自覚した方が良いだろう。

そして決して悪者ではない自分の自己顕示欲を、日常全てのコミュニケーションでうまく放つために、相手にも様々な欲があり、彼らが求めているものこそを理解しようとし、我が欲とハイブリッドさせることこそが大事だろう。


人生の達人たちは、素晴らしい自己顕示欲を存分に放ち、更に周りからそれを求められたり称えられたりしているように見える。


川越へ
僕は物凄くさびしんぼで、強力な自己顕示欲があってしまっています。嗚呼……

posted by take at 21:29| 活動報告