2018年07月28日

宇梶剛士さんの言葉


俳優の宇梶剛士さんが、自分のルーツを話している。

「凄いワルですさんでて、でも俳優になりたいと思って。
最初にしきのあきらさんの鞄持ちから始めて、菅原文太さんに拾われて、美輪明宏さんと初舞台で、その後渡辺えりさんとたくさん舞台をやらせてもらって。
皆さん、ちゃんと怒ってくれた。親以上に。身体もでかいしこんな顔だから“はいっ!”って返事してもにらみ返してるみたいだっただろうから、周りの大人たちもどう扱っていいかわかんなかったと思うんだけど、でも凄く厳しく怒ってくれた。
自分の心が小さいから、内容が収まりきらなくてわからないことばかりだった。
それでも、どんなに怒られても、自分の方から寄っていくんだよね。愛情あるから怒ってくれてるの、やっぱりわかるから、だから自分から寄っていく……」



厳しく怒る

親以上に叱る

愛情かあるのがわかるから

だから自分が寄っていく



今の日本は?


台風のため休日

posted by take at 17:47| 活動報告