2018年07月11日

少数派


世界の人口は70億超え、日本は1億2500万人くらい。

億ってわかるようでよくわかりませんね。すごく、かなり、相当沢山……みたいな。

ブルゾンは男は35億いると言ったが、実際どのくらいかはよーわからん。とにかくワサワサたくさんいるのよ!!

お金でいうと1円の100倍の100円の100倍の1万円の100倍の100万円の100倍が1億。



僕は最近「音楽は人間だけのものだ」ということを、特に楽聖たちに深く理解して欲しく力説して続けている。

人間が生み出し、人間が演奏し、人間が楽しむもの。ただそれだけ。自然界とか地球上とか宇宙とかは実は関係ないし、動物や植物も意識する必要はないと思ってます。

アルプス交響曲はアルプスに向かって、ドビュッシーの海は海に向かって演奏するものではない。動物の謝肉祭もゾウヤカメ、白鳥に聞かせるものではない。

全て人間が人間の喜びのためだけに、勝手でやっていること。

だからこそ人間のみの喜び、人間こその感情、人間の存在だけを意識しようと。それを考え、意識し、そこへ向かって表現すればよいだけだと言いたいのです。

無意味にそれ以上の大きさ、なんだかわからないような絶対的存在とは意識しない方が良いと思うのです。


そんな「音楽は人間だけのもの」に、最近更に、

「人類(ホモサピエンス)は少数派なんだ」

とも付け加えています。

70億といえば確かに大きな数字に感じるが、しかし地球上の生き物の中では、結局少数派だと思うのです。

たとえば、なんこやの三階のレッスン室から窓の外を眺めてみる。田んぼありあぜ道あり。空中、地上、地中、微生物含めあらゆる生物を数えたら、視界の中は軽く70億は超えているのではないかと。

海の中の生き物、空で暮らす生き物、実際数えたら、人間が把握して設定して使っているような数字じゃ数えられないほど、生物は存在しているのだと思います。

もちろん人間以外の総数に限らず、単一の生き物としても、人間より圧倒的多数はかなりいるはず。

そう考えたら人類なんて、どんなに我が物顔で生きていても少数派。

なんこやだけで数的には軽く敵わない。


そんな少数派の人間、その感情だけを意識すればいいんだから、頑張って意識からの研究をしなさいと言いたいのです。

休日

posted by take at 23:31| 活動報告