2018年07月06日

細かくごぞごぞ


腰痛で悩む人が周りに多い。そんな会話も多い年齢です。

酷いパターンでは「腰部脊柱管狭窄症」として、手術まで余儀なくされている人もいる。

僕も年々、腰痛で悩んでいた父親の息子らしくなってきました。時期によっては毎朝ベットから降りるのに一苦労、なんて時も。


こりゃ日常生活の形態に問題あるんだろうなあ


リビングでは、テーブルも椅子もあるのですが座卓と座椅子での時間がかなり長くなっていて、これがよくないのかもと思い、新しい椅子を買いに行きました。

そんなにこだわるつもりはなかったのですが、大きな家具屋でいくつも座るうち、どんどん希望が定まってきて、結局高額なものを購入しました。

で、この椅子での生活がはじまり………気づくと、随分腰痛がとれていたのです。


何が良かったのか考えてみました。

もちろん「ストレスレス」と謳った座り心地も良いのですが、かなりフラットまでスムーズにリクライニングができること、そして360°くるくると滑らかに回転することかなと。

リクライニングに関しては段階ではなくスムーズに動くもの。左右のストッパーで途中安定させることができるシステムですが、実は一回も使ってません。

そして左右にくるくる回転させながら、足置きのオットマンだけでなく、更に高い位置にあり伸ばせば届くエアロバイクのサドルに足を乗せたりと、細かくいろんな格好をします。


そーか、どんなポーズでも、それが身体に負担がないようなものでも、同じ格好のキープが具合悪いんだ。


自分で無意識に、リクライニングと回転を繰り返し、とにかく椅子に座ってはいるのですが、あまりじっとしていない。基本かなりフラットで寝ているのに近いのですが、足の高さもあれやこれや。


体力作りのためアクティブに動き、しっかり休むことが大事なことは分かりやすいが、本当は人間、休む時も、小さく細かくごぞごぞ動くのが、身体には良いのかもしれない。

寝具なんかもそれもあり、固まらないようにあれやこれや研究がなされているのかと思いました。


大塚へ

posted by take at 13:51| 活動報告