2018年06月25日

ヴォーン・ウガィリアムズ


ここ数日喉がチリチリしてまして、N響の練習場でも、うがい薬でまめにガラガラしております。


レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(Ralph Vaughan Williams, 1872年10月12日-1958年8月26日) は、イギリスの作曲家である。Vaughan Williams が姓であり、RVW または VW と略される。Ralph は通常「ラルフ」と読むが、本人が古風な発音の「レイフ」にこだわったという経緯から「レイフ」が用いられる。グロスターシャー州ダウンアンプニーに生まれる。ロンドンの王立音楽大学で作曲を学び、在学中にホルストと知り合い親交を深める。民謡の採集や教会音楽の研究を通して独特の作風を確立し、イギリス人による音楽の復興の礎を築いた。イギリスの田園風景を彷彿とさせる牧歌的な作風は、広くイギリス国民に愛されている。日本では『惑星』で知られるホルストに比べて知名度が低いが、欧米ではホルストより高く評価されている。生涯に9つの交響曲を遺し、また、イングランドの民謡を題材にした作品も多い。


うがいしながら歌ったりすると、喉のあちこちに薬が回るので、よくレミントンなんかでやってるのですが。ちょうどチューバの池田が後ろを通ったので……


バス・チューバと管弦楽のための協奏曲(Concerto for bass tuba and orchestra )は、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズが1954年に作曲した作品で、チューバのための協奏曲としては初めて作曲された作品であるとともに、最もよく演奏される作品である。ロンドン交響楽団の創立50周年祝賀コンサートのための委嘱作で、このオーケストラに献呈されている。初演は1954年6月13日、当時の首席チューバ奏者フィリップ・カテリネット(Philip Catelinet)の独奏、ジョン・バルビローリの指揮で、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールにおいて行われた。


一楽章の頭、あの「おとこなら〜〜」の替え歌で有名な節でうがい薬を転がしてみたんです。


生涯にわたってシベリウスを尊敬していたといわれ、第5交響曲はシベリウスに献呈されている。


するとですね、なんと喉の広範囲に薬が回りまくり!!

なんて素晴らしい曲なんだと。


N響ミュージックトゥモロー練習

posted by take at 12:27| 活動報告