2018年06月08日

よし、できる


「よし、自分ならできる」


そう思えたところが全ての上達のスタートだとしたら

どんなスキルの人もそうだとしたら

まずそこに立ってもらうためのフィールドをつくり、そう思えるようなプログラミングと投げ掛けをしないと、どんな時間も意味がないとなる。


それを楽しんでつくる教師。

そんな楽しそうな教師の背中を見て、自分のやるべき取り組みと進み方を知っていく。


これが今この時代にするべき進化だと思う。


最近までのように、自分がかつて学んだこと、経験したことを上意下達ならぬ過去意今達のように伝えればいいだけの時代ではない。

60才から上と、社会を構築しつつある40才以下の世代に、僕は明らかにかなりのジェネレーションギャップを感じています。

つい最近まで、もう少しグレーなゾーンが存在したし(ブラックとだって共存していた)、若者も年齢を重ねれば同じようになっていく部分も多かった。

しかしネットはじめ社会がクリアーになる環境変化が速すぎて、明らかに生理的根幹以外の部分で、とくにコミュニケーションスタイルはお互いに求めるものが大きく変わりつつある。


1ヶ月近く大学を舞台に国民全体の興味の対象となった事件、社会現象にまでなった問題は、日本中が変わろうと努力を続けている中で「まだそんなことを」と、ジェネレーションギャップをもあらわにしたものだが、実は僕はもう少し年長者の方を擁護する意見もあるのかと思っていた。

しかしかなり長きに渡り話題になったことと、社会が若い世代の謝罪を救おうとし年長者の老害を断罪したことで、はっきりわかったことがある。


それは私たちの社会が進もうとしている方向。明らかに新しい価値への必要性を声高に叫んでいる。


より多くの年長者は、思ったより、変わろうとの努力を実践しているようだ。それは以前の人が先人のようになっていけばよかったのとは違い、自分の過去を否定する要素もある努力。

誰も言わないが、僕はそんな年長者は褒められてしかるべきだと思っています。立派だと思う。

だから今回の主役たちは余計糾弾された。

今の60才から上の世代は基本謝るのが苦手。昭和一桁の世代なんかは、自分が間違っていても一切謝らない人もたくさんいた。

逆に今の若者は、謝るのは全く平気な世代。謝れないことがよくわからない世代。

それくらい、自分の責任とか心と表現の繋がり方は変わっている。



進化せよ



やはりそう突きつけられている。この高いハードルも

「よし、自分ならできる」

そう、信じることから駆け出せる。


川越へ

posted by take at 19:32| 活動報告