2018年05月31日

ランプの灯り


先日沖縄の楽聖がラインに送ってきたモーツァルト「魔笛」序曲に対するコメント

「最初のアダージョにある二分音符のfpは、ランプの灯りが灯るように。fの部分が瞬発的になりすぎず。しかししっかりpに落ちて」

と書きました。


今の若い人、ランプの灯りってわかるんやろか。


僕のイメージとしては、蛍光灯やLEDのように、スイッチパチッで瞬時につくような発光ではもちろんない。

昔のヨーロッパの田舎の村、夜も更けた暗闇の中、遠くの家の窓灯りがつくような感じ。

帰宅した住人がマッチでろうそくに火をつけ、ランプに点す(ともす)と、

ほわっ

と明るくなる。遠くから見てると、暗闇に灯りが登場するのに、少しだけゆっくりと時間がかかりながらまさに

ほわっ

と。そんなfpがいいんじゃないかと。


でも、現代にはランプがなかなか存在せず、パチッでピカッなので、やはり古い洋画を観るしかないね。

記録用としてもだが、演奏のイメージのためにも、昔を画くことって大事やね。



今日名曲アルバムの収録で、モーツァルトのレクイエムをやったのですが、テンポゆっくりの「ラクリモーサ」、8分の12拍子の符点8分音符、最初の二小節は合唱のニュアンスに合わせ毎回少しだけディミヌェンドをしようと話し合いました。

で、周りの世界観を充分に感じながら試していたら


「これも、ゆっくりと順番についていくろうそくの灯りのようだな」


と感じました。


気づくと、どちらもモーツァルト。

彼の音楽には、中世のやわらかい灯火が、やさしい光を放つようにあちこちに生まれてくるのです。


名曲アルバム、ジパング

posted by take at 14:30| 活動報告