2018年05月04日

おしながき

2018050412280000.jpg

軽井沢へ向かう新幹線の中で、『老舗の味〈東京弁当〉』なるものを楽しむ。

最近のいい弁当には、おしながきが入ってるんですよね。この東京弁当には他に、古い東京駅舎のイラストの絵はがきと、「こだわりのお米 有機認証米」の証明書まで入ってる。サービス満点ですね。


で、おかずのラインナップが丁寧に書かれたおしながきですが、いつも食べる前にざっと眺めたり、食べ終わって眺めたり。より興味があるときは、いくつかだけ、つまんだおかずがどれか探して読んでみたりするのですが、いつもなんかもったいない気がしてたんです。

せっかく丁寧に説明してくれてるおしながきを、読みきらないまま食べちゃって終了してんな、利用しきれてないな、用意してくれてんのに食い散らかして申し訳ないな、みたいな。


この感覚、ヘンでしょうか?


でですね、このちょっとした残念感を払拭する、い〜い食べ方を思いついたわけなんです。

今日の東京弁当、こんな感じでした。


〜おしながき〜
(右から順番に)

今半の牛肉たけのこ
魚久のキングサーモン粕漬け
青木の玉子焼
日本橋大増の野菜のうま煮〈里芋、こんにゃく、化粧人参、筍合せ、金平牛蒡、末広南瓜、はす、化粧牛蒡、絹さや〉
きのこの和え物菊花添え
蓮根のはさみ揚げ
和菓子
ご飯
かりかり梅
しば漬け


これをですね、デザートの和菓子は除いて、右から順番に一口づつ食べていったわけです、ご飯を挟みながら。するとおしながきの方からいちいち探す手間は無いし、チェックしそびれもない。

そして一巡食べて、きちんとおしながきの情報も網羅しきったら、残りは好きなように勝手に食べる。最後はデザートみたいな。


どうです。素晴らしいアイデアだと思いません?

え?!そもそもそこが残念じゃない?

ヘンなのかなー。

僕みたいな人、いませんかー????


N響軽井沢公演

posted by take at 19:07| 活動報告