2018年04月28日

おこわの温かさ

2018042812480000.jpg


ブロカートの本番の日は、長くお弁当係をやってくれているSさんが、お茶と一緒に素敵な食事を楽屋に持ってきてくれる。

何年も前になるが、大好きな『おこわ弁当』を用意してくれて、感激したことがあった。


「これ、大好きなのよ、ありがとう」

「先生、こないだ好きだって言ってたから」


言った本人はすっかり忘れていたが、それで用意してくれたことが本当に嬉しかった。本当に本当に。


今日も「千葉駅で、今朝炊きたてのを売ってましたよ」と、持ってきてくれた。


おこわで繋がる気持ちがある。


あまりに嬉しく、あまりに美味しく、本番へのエネルギーは心にまで充満するのでした。


ブロカート室内合奏団本番

posted by take at 22:38| 活動報告