2018年04月25日

ケロケロチバッピ


若者と南古谷から大学への道を歩く。そして例によって田んぼの横にさしかかる。

「今の季節、夕方くらいになるとウシガエルの大合唱が凄いよね。こないだも夜カエルときグワシャグワシャ凄かったよ」

「先生、僕こないだカエルのリゾット食べたんです」」

「り、リゾットか。何屋で?」

「イタリア料理屋でした。イタリアでは結構食べるって言ってました。足だけ入ってたんですけど、まあ鶏肉っぽかったです」

「そうだよね。僕も食べたことあるけど、鶏肉っちゃあ鶏肉だけど、そこまで美味ではないね。本当に美味しかったら飼育してでも食べるのが人間だものね」

「なんか千葉のカエルだって言ってました」

「なぬ!千葉産とな!!ウシガエルもブランド化か?ヒダギュウならぬチバカワズか」

「はははは、そうなるかもしれませんね」

「やっぱりカエルは千葉だよね、埼玉のは味がイマイチ深くないよね、みたいな、ははは」


その瞬間、隣の田んぼでピシャッと跳ねる音が。


す、すみません、なんこやの田んぼ歩きながら埼玉産の悪口言っちゃいけませんね。不謹慎でしたケロ☆


川越へ

posted by take at 16:03| 活動報告