2017年09月10日

ポジティブ100パーセント


世の中にはポジティブな人とネガティブな人がいると言われる。ただ、全ての人に両方の部分はあるもので、その割合でキャラクターが決められてしまうのだと思う。


極端な意見に感じるかもしれませんが、最近気持ちが限りなく片寄ってきました。


「自分の中からネガティブを全て取り除き、ポジティブ100パーセントになる」


やっぱりネガティブにはいいことはひとつもないと理解し、たとえ浮かんでも自ら排除するパターンを手にすることが必要なんじゃないか。

こんな話をしていたらある生徒(女性)が

「最近、黒い自分がいることが理解できたんです。気がついたらそんな話しをみんなにしててヤバいって、“私、今の話やめる!”ってやめちゃったことがあって」


黒好きな人は賛同しないだろうが、でも僕は見事なコントロールだと思う。


人は「自分の言いたいことを自由に言える状況が幸せだ」と考えがちだ。しかし言いたいこと自由に言って、結果不本意にも不幸になってしまう場面は山のようにある。

言いたいこと言えるだけでは、実は幸せにはなれないようなのだ。

人の悪口だけではない。自分を卑下したり、自らの力を諦めてしまうような考えや発言もそう。

溜め込まず口にすることで一瞬気持ちが晴れても、自分の発した言葉が自分の中に残してしまう闇はあり、結局いつまでも他人とトラブったり、自分とトラブったりを繰り返したりもする。


幸せになれるようなことを言うのが何よりも得策だと思うが、それよりも自分の不安や他人を妬む気持ちが邪魔をする。

買い物をしてお金を払った瞬間が欲求が満たされる喜びの頂点で、気づいたらお金が減っている、みたいな。

ネガティブを受け入れて必要悪みたいに理解することもあるが、結局そういうものでしかないような気がするのです。


ポジティブ100パーセントと言うと「能天気」がわく。能天気となると、アホちゃんが入ってくるように感じるかもしれないが、

「思考が健全で晴れやか」

と考えると悪くない。悪くないというか、結局何に取り組むにしてもそんな能天気こそが必要な気がします。


「今まで〇〇が苦手で(ネガティブからくる気質)結局辛いことしかなかったので、自分で克服するしかないんです」

ある生徒の言葉こそが、ネガティブの真の姿を表している気がする。

結局、どう思い起こしてもいいことはひとつもなかった。


彼女にとっての良いこととは、全てポジティブからしか生まれてこなかったということなのだ。


レッスン、ブロカート


posted by take at 20:26| 活動報告