2017年07月31日

かりゆしウェア


RenderedI.jpg

2017073114150000.jpg

かりゆしとは沖縄の方言で「めでたい」という意味。

そんなかりゆしは、沖縄へ通う僕にとって特別な日常ウェアになった。沖縄滞在時だけでなく、東京でも着用している。

これは、うちなんちゅの生徒に

「東京の人はみんな夏もスーツなんですよね。かりゆし着ればいいのに。先生広めてください」

と言われ約束したからという大義名分の元、その個性が大変に気に入ったからなのです。

そんなかりゆしについて、今日はいろいろアピールしたいと思います。



『かりゆしウェアは、日本と関わりの深いアロハシャツをモチーフに作られています。基本的な形状やデザインはアロハシャツと似ていますが「県産品で沖縄らしさを表現したもの」と定義づけられ、区別しています。

かりゆしウェアの起源は、昭和45年に当時の社団法人沖縄県観光連盟会長の故・宮里定三氏の発案により、「沖縄の暑い夏を快適に過ごすとともに、観光沖縄をPRするため」を目的に「沖縄シャツ」の名称で発売されたのが始まりでした。平成12年に名称が「かりゆしウェア」に統一され、同年「九州・沖縄サミット」にて、各国首脳がかりゆしウェアを着用したことがきっかけで急速に広まっていきました。

広く普及し始めるとともに、デザインはもちろん、開襟シャツからボタンダウンや長袖、喪服用などのシャツもつくられるようなり、スタイルも多様化してきました。沖縄県内では、かりゆしウェアは夏の正装としてすっかり定着しており、暑い夏を快適に過ごすビジネスウェアとして多くの方々が着用しています。またクールビズの取り組みの一環として政府に推進されています。

こうした背景により、かりゆしウェアは「仕事着」や「男性が着るもの」という印象をもたれがちですが、2011年の東京ガールズコレクションでは「かりゆしスタイルコレクション」が開催され、女性向けにワンピースやチュニックなどの商品やファッションとして着用できるような新しいデザインも誕生してきています。(かりゆしウェア専門店MAJUNホームページより)』



僕はお洒落ではないし洋服選びに熱心な方ではないが、かりゆしを選ぶのは楽しくてしょうがない。

最初「サンエー」というデパートへ連れてってもらった時、その華やかな売り場に驚き、自分でびっくりするくらい夢中になり選んでいた。

なんたって、派手でお洒落なのに「正装」「仕事着」だというギャップがたまらない。華やかでデザイン性の強いフォーマル。若者のお洒落着のようなシャツを、ワイシャツとして選ぶようなもの。

最初買って大学に着ていく時「派手過ぎるかな」と思いながら行くと、専任の先生方はもっと賑やか艶やかで、琉球の情緒に感服したものです。

驚いたのは、仕事から帰ったらかりゆしは脱ぎ、普段着に着替えると。それは無地のポロシャツだったりするそうで、仕事の時の方が派手なのです。

僕もN響や大学に行く時は着てますが、休みの日はきちんと(?)普通の格好してます。

生徒に聞いたところ、新入社員は初期の頃はスーツだったりとか。ある程度時間が経ったらかりゆし解禁になるところもあるそう。正装とはいえ、キャリアを選ぶのか。

喪服としてのシャツもある。真っ黒のシャツに薄く柄が入っている。なんともお洒落である。


沖縄はとにかく暑い。暑い時期も長い。かりゆしも4月から11月までが着ることを奨励されているが、今年なんか1月の前半でも半袖だった。

若者のかりゆし離れを危惧しての流れもあり、最近は特に様々なデザインがとにかく華やかで、楽しいかりゆしワールドが更に沖縄を明るくしている。

仕事着としてだが、これからはお洒落着としても許容されていくのかもしれない。


ホテルで貸し出してたりするし、那覇空港でもかりゆしを着た観光客がたくさんいる。仕事ではなくても、琉球の気分を満喫するには最高のウェア。

彼らの満面の笑顔からは、素晴らしいこの島の愉悦がシャツの力も相まって、溢れまくっている。


これぞ、でーじ(とても)かりゆしである。


休日

posted by take at 16:55| 活動報告