2017年07月30日

三つの目的


楽器を吹く、演奏する目的は「自己表現だ」と言うと、様になるし真理に感じる。

でもこれは三つのうちのひとつだと思う。


しかも、人によっては「自己」とは表現しにくかったりするかもしれない。「いや、そんなに自分こそを表現している感じじゃないです」なんて人もいるだろう。


三人の画家に「あなたにとって、絵を描くとはどういうことですか」という質問を投げたそうです。

1人は「自己表現です」と、最もわかりやすく。

もう1人は「呪いです」。 の、呪い…。描く運命になり、良きも悪きも追い込まれ、運命にさいなまれているのか。

残りの1人は写実の巨匠で「特にないんです」と。小さい頃から図鑑などの写真をそっくりに描くのが好きだった、自分が描きたいものが自分の中からわくというより、ということでないのだそう。

ただ全ての人に「自己」という言葉がそれこそ様になるかどうかは置いておいて、「表現している」ことは確かです。

つまり「表現する」という欲を満たすために、その表現に対する賛同をアイデンティティーの力にしたいために、楽器を吹いているのでしょう。


もうひとつは、トレーニングだと思います。

これはM的本能で、自分を痛めつけ鍛えて成果を上げることを喜びとするというもの。単純に努力が快感で、更に変化や成長を楽しみ、そしてそんな自分の上昇する矢印をアイデンティティー確立のエネルギーとする。


三つ目は、シンプルに「遊び」として。

単純に楽器を吹く行為は楽しく、人と一緒に吹いたら楽しく、名曲なんか演奏したら楽しく。つまり遊んでいる。


全ての仕事や趣味にも通ずるのでしょうが、この三つのためではないでしょうか。

これらがいい感じでバランス良く、活力と共にアクティブになされていれば、楽器を吹くということが充実しているとなる。

やらなければならないことではない。しかもどれかだけピックアップし「自己表現しなければならない」「トレーニングしなければならない」「遊ばなければならない」と考えることでもない。

大いに表現し、大いにトレーニングし、大いに遊び。できる限りバランスよくやりきれるといいですね。


僕はプロの演奏家なので「何かっこつけてんだ」と言われるかもしれませんが、楽器はお金のために吹いているのではありません、どう考えてもそうなのです。

仕事なのに遊んでもいるわけで、これまたけしからんと怒られそうですが、しかしこれが僕の選んだ人生の時間のテイストです。

呪われてるのだとしたら、克服できた気がしないくらいエンドレスな奥行きで、やめられないくらい気持ちよくて、どうしてもやってみたい過去の名曲たち、その作曲者の怨念にやられているのでしょう。


N響ほっとコンサート

posted by take at 13:55| 活動報告