2017年07月19日

人生一度きりだから


「人生は一度きり。やりたいことをやってしまおう」

と考えるのは危険な気がします。

やろうとしてることがまともなことの場合「人生は一度きりだから…」とは考えずにやるのだと思うから。

この言葉が浮かぶ時には、結局危ういことをやろうとしている時ではないでしょうか。

もちろん、石橋叩いて叩いて渡らない人がこう考えてやり、やって良かったと考えることもなくはないでしょう。


しかしこのセリフが頭に浮かぶ時は、結構特別な時だと思う。人生一度きりだから後悔しないようやりきろう、楽しみきろうで危ない橋を渡り続け、やめるきっかけを失い、やめかたがわからず、ついにはやめるべきかどうかも判断つかなくなり、結局その一度きりの人生に取り返しのつなかい傷がつくこともある。


そうならない大半の人は、身の丈にあった幸せに感謝しながら、実はそれなりに我慢しながら生きているのだと思います。

自分はもうどうなってもいい……というわけにはいかない、周りで共に暮らす人たちのためにも。迷惑をかけることは、やはりだめだから。


だから「人生一度きりだから」と考えずにやれることを精一杯やり続けるのが、やっぱり良い。ふとそう思いました。


帰京、川越へ

posted by take at 22:49| 活動報告