2017年05月16日

幸せを振る


マエストロ・フェドセーエフとのリハーサルが始まりました。ボロディンの二番、チャイコフスキーの四番。

ここ数年共演を重ねているマエストロ。毎回お国もののロシア音楽ばかりですが、全てがリリカルで、伴奏であっても歌謡性の高い音程感で演奏することになります。

N響楽員から強く愛され惜しまれながら亡くなってしまったマエストロ、スベトラーノフとの共演を彷彿とさせる大変美しい響きになるのですが、チャイコフスキーのフィナーレなんかは、今まで聞いたことのないような歌のアプローチで少々びっくり。

金曜日、土曜日の本番。ご来場予定の皆様は、楽しみにしていてください。充実した本番、幸せな響きになることをお約束します。


幸せといえばマエストロ。演奏中の顔が本当に幸せそうで。サントリーではなくNHKホールなのでお客様から見ることが出来ないのは残念ですが、それはそれは素敵な表情で音楽を導いています。

情緒豊かな長調のエスプレッシーヴォの場面では、口角が上がりきった笑顔になり、音楽の幸福をビジュアルにも表す結果になっている。

指揮者は激しい場面では険しく、エスプレッシーヴォでは恍惚となる人は結構いますね。マエストロの場合は恍惚とは違う。

心から幸せそうなのです。

実は高齢になるといらちになるマエストロも結構いて、もちろんお客様にはわからないのですが、リハーサルの時間、オケマンが辟易としてしまうパターンもそれなりにあるのです。

マエストロ・フェドセーエフはその真逆。見てるこちらがつられて幸せになる。ご本人が音楽から素直に幸せを感じまくっているのが滲み出て、オケマンに伝染するよう。


「職場に必要な人材とは、やる気のある人ではなく機嫌の良い人」という意見。僕自身大切に感じ意識しているものですが、機嫌良いを通り越して幸福までたどり着いたなら、どんな効果があるか想像つかないくらい凄いことです。

仕事場とはついつい実力ばかりを意識しがちですが、共同作業ならとても大事なことでしょうし、何より自分のためだと思います。実は生産性に大きく影響する。


あ……もちろんマエストロ・フェドセーエフの実力はピカ一ですよ。 (^^)


N響定期練習、川越へ
そういえば、マエストロ・ブロムシュテットも時々そんな表情に。

posted by take at 19:58| 活動報告