2017年05月12日

うどん焼き専門店


以前、焼きうどんが流行らんかなと書いたことがあるが、今日はうどん焼きが流行らんかなである。

え?一緒??ネタにつまったんか???それゆーたらかんわー!!


うどん焼き専門店やったら絶対流行ると思うわー。意外とないでしょ?

リーズナブルなお好み焼き屋でシメに頼んだ時出てくる麺だと、生命力の感じられないいかにも冴えない場合が多い。焼くんやけんこんなんでえんちゃうん感が漂うが、甘くみちゃいかん。ちゃんと本物焼いた方がうまいに決まっている。モチモチの美味しい麺やったら絶対料理としてのステイタス上がるって!

讃岐うどん屋は絶対焼きうどんは出さんけん、その隣に別店舗として出店はどうでしょう。麺は隣の打ち立てコシ強最高麺を使って、全く別料理としてグレードの高いもん出すと。

具は、魚介であれ肉であれ野菜であれ、産地直送の物を使い、パスタのように具材によって醤油味、ソース味、塩味とグランドメニューを作る。もちろん客の要望で、調味料を選べたりもする。

青のりや削り節も、香り高いえーぶんを使い、既存のイメージを大きく脱却。値段も雰囲気も庶民派だが、食べてみたらすごく味わい深いミシュラる美味さ。

僕が考える新しいのとしては、焼いた麺の周りに削り節まぶして水気を取りきったパサパサコシ強麺に麻婆豆腐をかける、麻婆うどん焼き。

かなり硬めに焼いたうどんを出汁に入れた、うどん焼き出汁茶漬け。

高級宇治茶を練り込んだ、抹茶うどん焼き。

どうです。今直ぐに食べてみたい逸品ばかりでしょ?


レッスン、川越へ

posted by take at 23:54| 活動報告