2017年05月01日

やりたくてやりたくて


やりたい事が枯渇しない。いくつになっても、やりたい気持ち、開拓したい気持ちが溢れ出てきて、まだまだゴールまでは遠い気がして。

仕事が定年になっても、70になっても80になってもそうだと、それは凄いこと。

周りから見たら、気持ち悪いくらいギラギラしているかもしれない。よく喋り情熱的で、場合によっては偉そうかもしれない。


「120歳まで生きたい」と言っていたオノ・ヨーコさんの認知症のニュースは、病気の酷さを伝えたが、同時に人並み外れた意欲と、生きる意味の明瞭さをも感じさせられた。


どうしてもやりたいことが枯渇しない。人がなんと言おうが素晴らしいことだ。

それが例えば他人からは興味がないくらいマニアックなことでも、やりたくてしょうがないことに溢れたなら、素晴らしい人生だ。

会社を定年になったら、一気に落ち込む人なんかは、きっと働いている時も、人から言われたことをやっていただけなのだろう。


レッスン

posted by take at 15:49| 活動報告