2017年04月25日

飛機こもごも


新年度一回目の沖縄へ、ANAで跳びます。

機内では昨年リニューアルしたプログラム、『Around the 80's〜あの頃のJ-POP〜』をノイズキャンセラーで楽しむ……のはいいんですが、ちょっとしたプロブレム。イヤホンで丁度いい音量に設定すると、定期的に入る客室乗務員アナウンスが凄くデカク!!、思わず外してしまうくらいデカク!!! で、アナウンスを丁度いい音量にすると、音楽ちぃさく…

なので、突如入るアナウンスにビビりながら小心者は離陸でございます。

びゅん。


レトロなムードが素敵だった『オールナイトにっぽんクラッシック』から、ムードは一変。パーソナリティの八嶋智人さんの軽妙なトークが個性的で楽しい番組。

自虐やぶっちゃけ含めボケ満載ですが、ツッコミもなく拍手も笑いも被せてない、ハイテンション独りはっちゃけトークなので、収録はやりにくいだろうなあと思うのですが、コマーシャルやバラエティーのあの感じの通り、動じずにやりきってます。好みは分けるかもしれないが、僕はなんだか楽しい。


離陸前後のアナウンス嵐を過ぎ無事空へ。そうなるとしばらくアナウンスはないので、安心してイヤホン耳に音楽を楽しむ。


プリプリの超名曲『ダイアモンド』がかかった!テンションは、機体と共にうなぎ登り!!大好きなのです、この曲。

サビだけでなく、そこへもっていく歌の最初の部分がなんともいい。

♪冷たい泉に 素足をひたして 見上げるスカイスクレイパー
好きな服を着てるだけ 悪いことしてないよ

ある音程から半音中心の上下を繰り返し、焦らすが如く展開していくのが音楽的。これはマルタンもバラードで使った手法だ。


♪針がおりる瞬間の 胸の鼓動焼きつけろ
それは素敵なコレクション もっともっと並べたい

第2テーマも上がりそうで後半下がるだけ。これを繰り返され聞き手の気持ちは更に高ぶっていく。


♪眠たくっても 嫌われても 年をとっても やめられない〜〜

そしてサビへのブリッジ。細切れリズミックフレーズ連呼からの、音程急上昇っ!!!来た来た来た。行けっ、ダイ(>〇<)!!!


「皆様、右手に富士山が見えております…」


いや、耳痛いし左側だし通路だし何も見えないし!愛しのダイアモンドどこかへ跳んでいっちゃうし!!

あの時感じた AH AH 予感はほんもの〜〜



今井美樹さんの『瞳がほほえむから』がかかる。かつてよく聞いていた彼女の歌の中でも、特にお気に入りの一曲。

透明感の高い柔らかい歌声は、相変わらず心地好い。和声の展開やテンポ、アレンジの魅力も相まって、おそらく10年以上ぶりじゃないだろうか、聞く音楽に目をつむったまま浸る。


曲の後半の更にサビの部分で突然、彼女のボーカルに子供たちのコーラスがユニゾンで被ってきた。そうだった、この曲は…


と同時に、突然じゅわっと涙が溢れ出してきた。


自分で驚いてしまう。感動しのたか切なくなったのか。

時々起こること。子供のコーラスが不意に聞こえると涙してしまう。何故だかはわからない。

わからないのだが、人類はどうやら、自然と子供を愛でるようにプログラミングされているようだ。


沖縄県芸レッスン

posted by take at 10:08| 活動報告