2017年03月31日

チョングッチャン!!

IMG_7329.jpg

最終日はチョングッチャンだ。


チョングッチャンは、韓国料理に使われる発酵させた大豆のペーストである。
挽いた大豆から作られる。納豆味噌ってイメージ。チゲを作るのによく用いられ、この料理はそのままチョングッチャンと言われることもあるが、混同を避けるためにチョングッチャンチゲと呼ばれる場合もある。チョングッチャンチゲには、ジャガイモ、タマネギ、豆腐等が入れられることが多いとのこと。


今回は、韓国語もまるでできないコミュニケーショスミダ状態の僕なのだが(コンニチハ、アリガトウ、オイシイくらい)家人はチョングッチャンだけは日本のガイドブックに載ってない店をチョイス。

地下の店、看板もハングルのみ。昼間しかチョングッチャンを出さないという。文字を形で照らし合わせて店に入る。

な、なるほど。こりゃ地下で時間限定じゃないと駄目かもしれん!!

キョ〜〜〜〜〜リョクな納豆臭。臭いのです。くさや屋よりもゴイスか。納豆好きでもキツイ。

聞くと、以前はヨイドという場所での超人気店だったらしいのだが、やはり臭いとのことで移転したそう。


まあ臭いと思いながらも納豆は好物なので、チョングッチャンを待つ数分間で鼻は慣れてくる。同時に楽しみのみが膨らんできて。


出てきた鍋は、豆のペーストテイストが凄い。トロッとしている。それをご飯に混ぜ(韓国はやはり混ぜる文化)、コチュジャンや油も混ぜ、とにかく混ぜ混ぜ…と周りの韓国人がしているので、その世界に混ざるが如く混ぜる。


味はサムゲタン、カムジャタンと比べると、一番知らない味。しかし凄く奥行きのある美味しさ!! 胃袋か異国情緒にヒダを震わせながら、歓喜の動きを続けます。

後の人生も、チョングッチャンで栄養をつけて健康に長生きしながら、更にできるだけ回数多く食べたいものだ。

韓国の奥深さに、カムサムニダ。


ソウルの旅 帰京

posted by take at 10:07| 活動報告