2017年02月24日

第三の最も重要な道具


楽器やマウスピースをとっかえひっかえする人の話になり、「吉川さんはどうなんですか?」と聞かれる。

若い頃はいろいろやったなあ。楽器屋から借りて試しては変え試しては変え。大事なマウスピースを削って一瞬でおしゃかにしたりもしました。

ここ10年くらいはやらなくなった。ただこういうのは、やる方がいいのだとは思わないし、やらない方がいいでしょとも思わない。いろいろ経験すれば勉強になり理解が深まるし、変えないでずっとやっている名手ならではの素晴らしさも感じたりする。


変えない人の常套句として聞きがちなのが

「楽器もマウスピースも、ただの道具(でしかない)でしょ?大事なのは自分の感覚。どんな道具使おうが、その人の音しかでないし」

よくわかるしその通りでしょう。よく変える人も、実は早くベストと巡りあって、後は練習で慣れて、自分の問題に転化したいと思いながら旅してたりする。そんな道具としてのベストとまだ巡りあえていない、みたいな。


少し違う見方を。

楽器もマウスピースも道具でしかない。ただ、マウスピースのリムの中で振動している息の出口、アパチュア含むアンブシュアですが、音が出る、音楽を表現するのに貢献している媒体というなら、この部分も「道具」と言えるのではないでしょうか。

で、楽器やマウスピースといった道具はクオリティが高いにこしたことはないのですが、現代はほぼほぼそうであって、良くないものはあまり無い。

ということは、このアパチュアとその周りという


『一番重要で一番影響のある道具』


こそに、意識を使いこだわるべきですね。明らかに楽器やマウスピースより大事なことだと思います。


そこは、良い道具となるべく正しい理解のもと、きちんとしたイメージと方向性をもったトレーニングが根気よくなされ、どんなマウスピースやどんな楽器と相対しても、クオリティ高い演奏ができるようなものであるべきでしょう。


楽器職人やリペアマンの素晴らしい研究と努力のおかげで楽器もマウスピースも文句なしに素晴らしいものだらけ。

後は、そこがいかに素晴らしいかです。それは、自分という道具を自分がどういうセンスでどう鍛えどう使うか。


「マウスピースはスタンダードなものを使って変えないこと。何か問題があるとしたら、そればあなたの問題」

これはあるシカゴのホルン教師の言葉。


一番の問題は、自分の問題を楽器やマウスピースに転化してしまうことかもしれない。それさえ回避できるなら、何をどれだけ使おうが全く問題はないのでしょう。


東邦音楽大学トロンボーンアンサンブル、本番

posted by take at 18:04| 活動報告