2016年11月27日

止まらない


時間は止まりようがない。

しかし自分自身で考え込んでしまった場合、止まったようなテイストになったりする。内面とばかり会話したり。

音楽と美術の違いとして、時を流れ消えてしまうもの、静止して存在し続けるものという語り方がある。

ただ、例えばロダンの考える人だって、物質としては静止しているが、その状態で時を流れていってる。私たちは、その止まった彫像を見ながら、時と共にあれこれ感じ、印象を変化させていく。

そう、私たちの周りには動くものや止まっているもの、様々あるが、私たち人間はどうやっても止まることができない。

だから、止まるようなテイストにならない方がいい。

どんな音を吹いている時も、意識を集中させ過ぎて、止まったような気分になるのではなく、とにかく動いて、動かせて、それに対して集中力をもって聞きにいく。

人生も、なるべく止まったような時間を過ごさないよう、動いて、そして疲れたら休んでを繰り返し続けた方が良いのだろう。

とにかく、止まるのが一番具合が悪い。


ジパングVol.17

posted by take at 15:45| 活動報告