2016年09月30日

宿題という可能性


自分を変えられない人は、自信のない人かもしれない。

自分の駄目な所を改善するという自らに対する善行だけでなく、内容や習慣に工夫やアイデアを取り入れ伸びていこうとすること、何より新鮮な日常にこそやる気と充実を感じるためにも、自分を変えてみたいという気持ちは大事。

でも変えられる人というのは、自らの力で変えられた経験があり、そのことが自信に繋がっているというスキル、それがあるからこそ可能なのではないでしょうか。

自信という言葉は「自分を信じる」と書く。自分が信じられるために、そんな経験がまずは必要なのかもしれません。

他人に導かれることだけで変わってきた人だと、潜在的に自分を信じることができず、そもそも変えてみようと思えないのかもしれない。頭のどこかでこれじゃだめとわかってはいても、さあどうするという時にはいつもどうしたらいいのかわからない。周りからはやいのやいの言われ、余計自信がなくなるか、意固地になるかどちらか。

では変えられた経験があるとして、そのスタートはどのようなパターンだったのだろう? 当然幼少の頃の一場面だとは思うが。

きっと何かしらの宿題を出され、それと向き合い頑張って、そしてその結果のオリジナリティを評価してもらえたのでしょうね。そうやってプロセスの価値が自然と染み込んでいく。

それが喜びになり、重ねるうちにパターンも身に付き、自分は

「探して努力すれば変われる」

という自信がもてる。


やはり大事なのは、宿題を出すこと。その内容だろうか……


N響定期。


posted by take at 19:52| 活動報告