2016年07月31日

永遠の大横綱


千代の富士が逝った。

全ての国民同様、あまりに突然で早すぎる別れに驚くと共に、悔しさすら滲む惜別である。

ただ愛され尊敬されたアスリートだったというだけでなく、彼こそ私たちにとって本物のヒーローだったからである。


「大きさだけが強さではない」と理解はできても、やはり「巨大」から感じる力は大きい。実際に比べると当然私たちよりは大きいが、しかし常人離れした身体ばかりの角界にて身近に感じられる体格の彼が、次から次へと力士たちを破っていくその爽快感たらなかった。

実際に柔軟性に長けていたのだろうが、柔よく剛を制すというイメージよりは、その筋肉には密度が感じられた。量ではなく内容といったその鍛え上げられた武器は、私たちのサウンドにも必要なものであり、多くのジャンルに携わる人たちの、本気で憧れるものであっただろう。

表情が崩れきらない精悍な顔立ちも、アスリートらしさの極みだった。闘争心がむき出しというよりは、怖いくらい秘めやかに顔に張り付いており、相対する力士はさぞ恐ろしかっただろう。

引退時のあの言葉。

「体力の限界、気力もなくなり……」

といって涙を滲ませたあのセリフは、強いヒーローの人間味溢れる心の声として、今でも私たちの、引き際に際する「潔い限られた言葉」として、バイブルのような位置にある。

現役時も引退後も、その発言を多く聞いた印象はなかったが、彼の師である北の富士さんの言葉により、改めて感じることがある。

「穏やかな表情だった。やっぱり千代の富士らしい顔。千代の富士は千代の富士ですよ。豪快だけど繊細。口は悪いけど腹はそんなに悪くない。涙もろいし…これだけの弟子は二度と出るとは思わなかった。一代年寄を辞退してまで九重部屋を継いでくれた素晴らしい弟子。ご苦労さんしかない」

また昨日、江川さんがテレビで紹介していたものが印象的だった。

「砂を噛むことが大事だと言ってました。これは私も常に思っていたこと。土を噛むようにと」

実は、バストロンボーンの門脇さんもずっと言っている

「噛むような音じゃないと」

とにかく手応えと質感を重要視し、その力に対抗すべく向かっていく姿勢の重要性が感じられる。

私たちの大横綱は、想定外に早く旅立ってしまった。しかし、明らかに特別に心にあり続けるヒーローとして、私たちに今なお夢を見させてくれる。

「また千代の富士のような、強い力士が見たい」



今日、N響のほっとコンサートで『ヒーローヒロイン大集合』とのタイトルで、スーパーマンやサンダーバードの音楽を演奏した。

ただはっきり言える。千代の富士こそが私たちの本物のヒーローである。

なぜなら、彼はあまりに常人離れした強さでありながら私たちと同じ人間であり、男女かかわらず、世代かかわらず心底惚れ込んでしまうような、全てにおいてかっこよさに溢れた存在だったからだ。


われらのヒーロー、ウルフ安らかに。


N響、ほっとコンサート。ブロカート。

posted by take at 14:23| 活動報告