2016年06月29日

オーケストラスタディ


オーケストラスタディのレッスンが、想定以上に時間がかかり、アンサンブルレッスンの時間が少なくなってしまう。

ただ僕の時間配分の問題なのです。

楽聖たちはいくつものチームで取り組んでくる。用意してきた部分、全部のチームをきちんともれなく見てあげたいと思うと、どうしてもかかってしまう。

今日も、チャイコフスキーの五番のフィナーレだけで一時間以上かかってしまった。他にドボルザークの八番、ブルックナーの五番、ブラームスの二番のチームがあったが、結局ブラームスは見てあげられなかった。

もう少し、やる箇所を限定して「応用型」にしなければならない。


それにしても、オーケストラスタディというのは、本当に楽聖たちのスキル、問題点がよくわかる。

かなり前から僕自身の課題だったが、最近になってようやくやり方が定まってきたのです。見えてきたらきたで、時間取り組みたくなる。


こちらが、長き経験からの理想が高くなっている部分は確かにある。それにしても、エチュードやソロ、基礎トレーニングやアンサンブルレッスンでも判断しきれない部分も、本当によくわかるのです。


以前から、「オケスタというのは、時代によって、国によって、作曲家によって、曲によって実はいろいろ吹き方はある。でも、まずはとにかく楽譜の通りインテンポで吹けば、おおむねいいんだよ。複雑に考えないで」と伝えてきた。

結局、この言葉の重みがそのまま楽聖たちにのしかかり、単純な音符たちなだけに、僕の方の突っ込み自体がシンプルになる。

そしてそこにこそ、彼らにとって必要なテクニックと価値観が、丸裸な形であるのです。


川越へ。

posted by take at 22:05| 活動報告