2016年02月29日

うるうる年


うるう年がうるう年であるべき日である。(うるう秒ってのもあんのよね)


悠久の時の流れにすら誤差があるのです。世の中は、私の音程やリズムの誤差に関して眉をひそめるが、そもそも貫き通せぬぶれぶれゆるゆるの性格、常に誤差と共に生きる人生だ。是非「ま、いっか」と、巨大な眼差しで見守って欲しいものである。


えっと、2月29日はやっぱり『肉の日』で、290円で食べ放題だったり、『ニンニクの日』で特売があったり、『富士急ハイランドの日』で入場無料だったりするらしい。


品物やイベントもいいが、もっとメンタルに訴えてみてはどうだろう。

『憎らしい人の日』

日頃のうっぷんを晴らすが如く訴えても、反論してはいけない日。翌日以降のことは知らない。無事を祈ります。下剋上含め、再び攻撃に転じたいならまた四年待ってください。その時は、下剋上される側かもしれませんが。


『不服申し立ての日』

似ているが、どんな不服でも訴えていい日。必ず聞かなければならないが、叶えられるかは不明。でも、自由に訴えられることは大事。


『フクフクの日』

太った人こそが素晴らしいという日。


『福の日』

とにかくいいことがあると、無条件で信じるポジティバーの日。鈴木福君の日。


スコットランドではなんと、

『女性がプロポーズしたら、男性は断ってはいけない日』

だったのだそうです。しかもこれは、正式に女王が制定した法律だったとゆーからビックリ。

時は1288年のスコットランド。当時は男性優位社会で、プロポーズも男性からしか認められていなかったそう。そんな中「女性からプロポーズしていい日を作ってほしい」という女性の声が数多くあったというのです。その女性たちの気持ちに共鳴したマーガレット女王は「女性からのプロポーズOKにしよう」と決断。

「四年に一度のうるう年には、女性は好きな男性にプロポーズすることができる。また、基本的にそれを断ることはできない。もし断るなら、罰金などを払うべし!」

ひ、ひえ〜〜っ!

男からすると、ギャフンでスットコランドな法律。現在は廃止されているが、それでもイギリスやアイルランドでは風習として今も残っていると。


罰金が払えないなら無条件結婚か?いや、そんなに貧乏ならプロポーズされない??

じゃあ、金持ちイケメンがいきなり10人からプロポーズされたら、罰金も膨大な額に。いや、法律だから全員と結婚できる???したい、したくない????女性は早いもん勝ちだった?????

当時はきっとハッピーあり不本意あり、幸せ不幸の涙で、うるうる年な一日だったのでしょう。


いずれにせよ、俺はまだそんな気ないよってスコットランド男は、来日して日本の風習を盾に頑張りましょう。

『不服申し立ての日』


罰金払われてまで断られたらそら辛さ倍増だけど、それでもこの日を目指す女性の気持ちになったら、胸キュンロマンを感じる法律ですね。

え?ポジティバー過ぎ??


川越へ。ジパング。

posted by take at 16:39| 活動報告