2015年10月30日

北京で風邪


北京に来てから熱が上がるという最悪の状況。しかも39度まで上がってしまう。

そして病院へ行くことに。外国人専門のとても信頼できる所だからとのお話だが、不安は大きい。

様々な検査をし、感染症や怪しげな病気でないことはわかったが、何せ熱が高いので。

抗生物質を二時間点滴するが、これが身体に合わなかったらしく、好転の兆しなく。

結局、一晩入院し更なる点滴で熱を下げる。

すみません。なんちゅうレポートだ。


北京、開き日。

posted by take at 14:39| 活動報告