2015年09月30日

バルブトリル


僕のトレーニングパターンというのは、一般的なものと比べて少し(大分?)変わってるのですが、その中に

【バルブトリル】

というのがあります。 文字通り、バルブでトリルを練習するもので、最近はパターンとして進化して、レミントンのリップスラーをやりながらトリルってたりします。

効能は、本人曰く

「より唇が柔軟になり反応も良くなる」

なのですが、直接的実感はやった人にしかわからないものでしょうから、興味のある方はトライしてください。ただ、普通はやらないパターンなので、周りから怪訝そうな目で見られる可能性があります。僕のように普段から不可思議なパターンでばかりトレーニングしているなら(本人には理屈があり大真面目なのですが)もう市民権を得ているので、周りも呆れ諦めスルーしてくれますが、真面目にロングトーンやリップスラーだけしてきた人なら、急に

“バラバラ”

始めると 「こいつ大丈夫か?」 みたいな目で見られるので、是非勇気を装着してからトライしてみてください。


で、僕は順番として、マウスピースやロングトーン、リップスラーをやった後にしていた練習なのですが、ある日生徒がこのことについて話しかけてきました。

「先生、バルブトリルですけど、最近リップスラーの前にやってるんです。するとリップスラーの出来る感じが随分違うんです」

ほう。

ということで僕も試してみました。

確かに違う。エアーは随分スムーズに入るし、口元の安定感もグッとあがる。こりゃいいやと思いながら練習していたら、ふと更なるあることが頭に浮かびました。

最近何人かの人から続けて受けた質問に、こういうのがありました。

『ウォーミングアップの時間がほとんどとれず合奏や本番に突入しなければならないことが何度かあり、調子を崩している。短い準備時間の時何をすれは良いと思うか』

というもの。まあ通り一辺にしかならないが、ロングトーンとリップスラーをいくつかとか、リップスラーだけでもやってからとか答えてきましたが、

“バルブトリルをやるのはいいかもしれない”

と。ただ、アパチュアが広がり過ぎないよう注意する条件つきで。

直ぐに、相談をしてきた友人に電話して勧めてみました。

想像だけなら、なんじゃそりゃでしょう。詳しく知りたい方は、いつでも連絡ください。お話ししますから。


N響定期、練習。夕方金管五重奏で小さな本番。

posted by take at 19:30| 活動報告