2023年11月11日

座右の銘


楽聖に「座右の銘はある?」と聞いたら、皆考え込んでしまう。

そらそうですね。

こんな重めで真面目なアイテム、ある程度の年齢に到達し、あらゆる経験の中から本当に人生の柱にしたいと思わないと出てきません。

そんな座右の銘ですが、コロコロ変わるのはカッコ悪いし信用度が下がり軽くなりますね。

でも現実的には、ある若いとき「よし!これを自分の座右の銘にしよう」と思ったとしても、年月と共に様々な価値観を理解していくにつれ、そんな感動と共に変えていきたくなるものです。

たとえば若いとき「人生なるようにしかならない」なんて普遍性満載の価値観に設定したとしても、あるとき「未来は自分次第」と思っちゃったとしたなら、真逆であっても変えてしまうこともあるでしょう。

おそらく人生一度も座右の銘なんて設定しなかった、という人もそれなりにいるでしょうし。

それでもみんな、素晴らしある価値観に出会い、身につけて利用しながら生き抜いていく。

今や高級魚芸人の言った「生きてるだけで丸儲け」なんてのが、本当に座右の銘らしいものかもしれませんね。

posted by take at 10:36| 活動報告