2023年08月22日

生き甲斐とコミュニケーション


「幸せの形は人によって違う」というのは、理解しています。

夫婦の形もいろいろでしょうし、一人の方が楽という方がいらっしゃることもわかっています。

ただ世の中に設定されているあらゆる仕組みというのは、個人の生き甲斐と、コミュニケーション(二人以上)を中心とした枠が柱として網羅されていることはたしか。

僕個人としてはやはりこのふたつかなと思っているし、与えられている仕事の一区切りが近くなってきた今、「そこから先」は甘く考えず、早め早めにしっかり考え設定していかなければならないこともたしかです。

「いやあ、考えてもしょうがないよ。なるようにしかならないんだから」

そんな声も聞こえてきますが、今まで以上に「人と吹く」ことの大切さを感じている日々です。

posted by take at 19:04| 活動報告