2023年08月15日

脱欲


自分が住んでいる家、その空間の価値もだが、今できていること、なんなら若い頃はできておらず「そうなるといいなあ」と思って叶ったこと等、それらが日常の「当然」になってしまってたなら、私たちは当たり前のように慣れてしまい、どんなに素晴らしくて幸せなことなのかを感じずに生きてしまう。

もったいなー。

そして、それを失ってしまってから気づくのだろう。


しかし、この日常のあれやこれやが本当に貴重で幸せなことなのだと心底思いながら生きれたなら、それはそれはどんなに幸福な人生だろう。

もっともっとではなく、これこそが最高!と思いながら暮らせたなら、不満や辛さなんて訪れるはずがない。

そう考えると、一体自分はどこまで欲深く身の程知らずなんだい?と問うてもしまう。

posted by take at 16:52| 活動報告