2023年07月06日

今に執着はせずに


時間が経つと人は気持ちが変わる。

良いように変わることもあれば、残念な方向へ変わることも。

いずれにせよ何かしら必ず変わる。最初と同じ気持ちというのはあり得ない。

あんなに夢中だったのに無関心になっていたり、浅くしか理解できてなかったことが深く見つめられるようになっていたり。

必ず変わるのだから「今と同じ気持ちでなければならない」と強く思うのは危険だ。それは「今と同じでなければ自分にとって必要はない」というのと同じ意味になる。

もっと良くなりたいというのはとてもいいのだが、もし

「嗚呼、今が最高だ。これが幸せの頂点だ」

と思ってしまったなら、とにかくその状況に執着しないことだ。

そもそもムキになったり執着してしまっている瞬間は、未来に対しては極めて現実的な冷静さは見失っている。

そういう意味でも、おおらかに夢見ることこそが大事なのでしょう。

posted by take at 18:01| 活動報告