2023年06月30日

どうせ全部忘れるから


「どんなに嫌なことでも少し時間が経てば忘れるもの。だから我慢して忘れてしまった方がいい。我慢せず口にしたり、直接揉めたりしたら結局嫌な感情は長くなるし、結果にまで影響したなら、忘れるどころか残り続けることにもなる」という意味の発言を聞いた。

なるほど。本当にそうですね。


今までそれなりに不愉快になってきた経験もそこそこあります。しかしその大半どころか、ほとんど全てを忘れてしまっている。あの時こうだったという幾つかの記憶はあっても、不愉快になったという気持ちは正確には全く思い出せない。

結局全部忘れる。年齢を重ねると記憶力が‥なんてのは、幸せへの自然の摂理だとの話もある。


だからいちいちピックアップしてわーわー騒がず、ぐっと堪えて時間が経つのを待てば、気がついたら次の場面で笑っていられたりする。

あれ?さっきイラッとしたのなんだっけ?ま、どーでもいいや。長引いたり肥大したりしなくて良かった。

と、自分の我慢が正しかったと思えたりもする。

他人を恨んだり、妬んだりやっかんだりしても、自分の力で好転することはほぼない。

でもその場の感情で騒ぎ立てたり、個人的正論を振り翳したりを繰り返し、周りに不愉快を生まれさせ、なんなら自分が気づかないうちに恨みを買ったりしたなら、時間が経って取り返しのつかない残念な立場になっていたりもする。


他人は他人、自分は自分。結果意味のないことなら、我慢からの忘れる方へ。

明るく前向きに上手くやってる人は、そんな感じなのだと思います。

posted by take at 12:19| 活動報告

2023年06月29日

勿体無い時間


「いつまでも人を恨んでいたら、人生はあっという間だよ」(イーロン・マスク)


ツイッター他何かとお騒がせなイメージもあるマスクさんですが、これは真理と言えば真理。

人生の時間があっという間か長い旅か。それは感じ方次第だし考え方次第。

ただその恨んでいる時間には生産性がないだけでなく、自分自身が病んでしまったなら回復にまた時間を計上しなければならないし、その間に「人を恨むこと以外のこと」をした方が結局いいんじゃないかという意見は、説得力を感じます。

posted by take at 12:00| 活動報告

2023年06月28日

自分に優しくない


「優しい」というのは、もちろんいいこと。「優しい人」というのは、常に周りに求められる資質の上位にあるし、「優しい人は嫌いだ」と公言するとその方がリスクイメージが派生してくる。

同時に「あの人は優し過ぎる」という批判もあったりする。

これは優しくするその内容と程度いかんで、それを受けた相手が決して良くはない方向にいってしまうことを危惧した意見だろう。

それでも「人に優しい」というのは決して悪いことではなく、責められるようなことではないはず。

僕が強く思うポイントとして、人に優しいのはいいのだが、同時に「自分にも優しい」というのが実は必須なのだと思います。

ここで言う「自分に優しくない」というのは、人に優しくすることで自分を抑えるとか犠牲にするということではなく、自分の人生、その未来に対して幸せになるべくちゃんとした判断や決断ができないということ。

ときには他人よりも自分を優先して決断することで自らの幸せが確立できていくというのが、人間社会での現実。

それができないというのは、「現実から目を背けがち」ということから、自分に対して優しくないということになる。


人に優しいのはいいんだけれど、自分にもね!

というのが、実はとても大事なのだと思います。

posted by take at 16:20| 活動報告

2023年06月27日

ルーティン賛


エンゼルスのレビン監督が我が推し、大谷翔平を評して

「彼は私が今まで見た中で、最もルーティンを重視する選手。そして常に向上心がある」

と言った。

これは「ルーティン好き」の僕にとって、極めて励みになる言葉だ。

毎日が安定した状態になるだけでなく、そのパターンをやることで「必ず進化できる」

そんなルーティンにこそ辿り着きたい。

向上心とセットになっているこの感覚は、決して最終地点のない永遠の高みにそのルーティンが昇華し続けることも、また証明している。

最後は、決して諦めてしまわない、やめてしまわない自分の気持ちこそが全てなのだろう。

posted by take at 15:58| 活動報告

2023年06月26日

変化した先


「昨日の自分は既に信用していない。常に変化してしかるべきだから」(ジェフ・ベゾス)


超未来志向、そして前向きのみの時間を生きるという価値観。

自分を信用していないというのは独特の表現だが

「今日の自分こそが過去最高だと信じている」

と言えばわかりやすい。

年齢を重ねると身体的観点で逆に考える人は多いと思うが、僕は上記のように生きていきたい。

過去経験したことの全てが、今の自分の糧になっているはずだから。

posted by take at 15:49| 活動報告