2023年01月23日

ラスボス


人間として生きていくのに戦うことが必要なのだとしたら、何と戦うべきなのか。


それは結局周りではないとの確信に至る。


自分の希望を叶えるために必要なこと、思慮深き考察や勤勉、根気などの邪魔をする自分自身とこそ戦うべきだ。

面倒くさがったり怠惰だったり、本当は理解が辿りついている真理、そこから目を背けるような選択癖だったり、楽なことや甘いものに逃げる愚かさだったり。

競争というと一見周りと競うイメージになるが、それは成長と幸福の真理からするとうわべのことであり、勝ち得たとしても一過性にしかならない。

自分の本当の希望というのは、考えれば考えるほど、人生の時間ををまたがっていることのはずであり、そのために戦うのは、結局周りではなく、自分自身なはずなのだ。

posted by take at 12:13| 活動報告